2010年11月26日

NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物

龍馬伝・話題

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

徳川慶喜(田中哲司)・・・『龍馬伝』眉なし徳川慶喜の熱演

中岡慎太郎上川隆也

陸奥宗光平岡祐太

後藤象二郎青木崇高

お元(蒼井優)

西郷吉之助(高橋克実)・・第26回〜

高杉晋作伊勢谷友介)

木戸貴治谷原章介):(第5回・黒船と剣

岩崎弥太郎香川照之

沢村惣之丞(要潤)

◆14代将軍・家茂(中村隼人)

お龍(真木よう子)

◆饅頭やの近藤長次郎(大泉洋)・・龍馬伝・第34回「侍、長次郎」(8/22)

「坂本さん・・どうかわしを許してください・・わしは、社中のみんなを裏切ってしまった。わしがイギリスへ密航しようとしたのは申し開きの出来ない事実やき・・わしの不始末で社中に迷惑をかけるわけにはいかん。。わしは腹をきるがです・・それは侍にしか許されんこと・・わしはやっと本当の侍になれるじゃき・・坂本さん、女房にはよろしぅ伝えてください。なにかあったときはどうか助けてやってください・・日本を変え、立派な独立国にする夢はみんなに託します。必ず成し遂げてください・・」


大浦慶(余貴美子)

勝麟太郎(武田鉄矢) 〜第26回6/27

登勢(草刈民代)・・第25回〜

平井加尾(広末涼子)

土佐勤皇党望月亀弥太(音尾琢真)高松太郎(川岡大次郎)千屋虎之助(是近敦之)・・・第18回「海軍を作ろう」

吉田松陰(生瀬勝久)NHK大河ドラマ『龍馬伝』第6回「松陰を捜せ」龍馬だけじゃない!“明治維新の先駆者”吉田松陰の生き様に注目

◆絵師の河田小龍(リリーフランキー)

ペリー
老中・阿部正弘(升毅)

溝渕広之丞ピエール澱

★★★

坂本家:元は豪商才谷屋から分家し、郷士になった。女性の多い家庭環境だった

父・八平(児玉清)
産みの母・幸(草刈民代)
龍馬の父・坂本八平(児玉清)

姉・乙女(寺島しのぶ)

兄・坂本権平(杉本哲太)と
兄嫁・千野(島崎和歌子

春猪(前田敦子)

★★★

武市道場:文武にすぐれた武市半平太が土佐で開いた剣術道場。龍馬をはじめ、身分の低い下士の師弟が集まり、けいこを励む。岡田以蔵ら剣に秀でた人材が育っていった

武市半平太大森南朋
岡田以蔵(佐藤健)
平井収二郎(宮迫博之)
土佐藩の山本琢磨(橋本一郎)


★★★

千葉道場:江戸の名門道場。主の定吉、鬼小町と呼ばれる娘・佐那、庶務を一手にになう息子・重太郎が家族で経営する

千葉定吉(里見浩太郎)
の息子・重太郎(渡辺いっけい)
女剣士・佐那貫地谷しほり

NHK大河ドラマ『龍馬伝』第4回「江戸の鬼小町」

山内容堂(やまうちようどう山内豊信 → 山内容堂):近藤正臣

吉田東洋(よしだとうよう吉田元吉 → 吉田東洋):田中泯
「わしは何を言ってもええがじゃ。天才じゃき。そのうちわしはまた参政に返り咲く。わしがいかに有能かお殿様はわかっている。こんな人間はなにをしてもええがじゃ・・おぬしは何ものか、おぬしになにができるか。なんの力もないもんは黙っているしか仕方がなkがじゃ。これが世の中ぜよ。」)NHK大河ドラマ『龍馬伝』第8回「弥太郎の涙」(2/21)

★★★



posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。