2010年01月05日

NHK大河ドラマ『龍馬伝』坂本龍馬(福山雅治)

龍馬伝:視聴率23% 「天地人」下回る

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

坂本龍馬福山雅治):幼少の頃は泣き虫だったが、乙女(寺島しのぶ)のてほどきで立派な侍に成長

剣術修行で訪れていた江戸で、アメリカの黒船を目撃して以来、世界に目を向ける

後に海援隊を結成。時代を動かす男に成長する

28歳で脱藩

31歳のときに長崎で、日本の会社組織の先駆けといわれる亀山社中・・のちの海援隊を設立

翌年、32歳のとき、浪人の身でありながら。薩摩藩・西郷吉之助(隆盛)、長州藩・桂小五郎らを説得し、薩長同盟を成し遂げる

さらに260年続いた徳川江戸幕府を終わらせるべく大政奉還に尽力

大政奉還の一ヵ月後の慶応3年11月15日、誕生日の夜、暗殺され33歳の生涯を終える。

表舞台に登場したのは5年・・多くの人々に強烈な印象を残す

坂本龍馬は人の心をつかんで時代を動かした・・

幼少の頃は泣き虫で勉強も得意ではなかった・・が、子供の頃から世間の常識にとらわれず、わが道を行く、自分の高度原理に従う面があった

●西郷隆盛・・天下に有志あり(志を持つもの)

      然れども度量の大、龍馬にしくものいまだかつて之を見      ず(しかし、度量の大きさで龍馬に匹敵するものを見た      ことはない)

●陸奥宗光(不平等条約の改正交渉に尽力)・・他人を結説、監督するの能に富める。同時の人、能く彼の右にでるものあらざりき(龍馬は他人を説得する能力に長けていた。同時代の人で彼の右に出るものはいない)

NHK大河ドラマ『龍馬伝』(1/3)視聴率23.2%

★★★

「龍馬伝」福山雅治は「JIN」の内野聖陽を超えることができるか
福山雅治が叩かれない理由 大きく分けて二つ

★★★

亀山社中(かめやましゃちゅう)

長崎で坂本龍馬によって1865年に結成された浪士結社・貿易結社・商社である。海援隊の前身

海援隊(かいえんたい)とは江戸時代後期の幕末に、土佐藩脱藩の浪士である坂本龍馬が中心となり結成した貿易結社である。1865年から1868年まで3年余りに渡り、私設海軍・貿易会社として活動した。薩摩藩などの資金援助を受け、日本初の株式会社とも言われる。中岡慎太郎が隊長となった陸援隊と併せて翔天隊と呼ばれる。

1865年閏5月、幕府機関である神戸海軍操練所の解散に伴い薩摩藩の援助を得て長崎の亀山(現在の長崎市伊良林地区)において前身となる亀山社中が結成されグラバー商会と銃器の取引を開始し藩に銃器などを卸す。物資の輸送や航海訓練なども行い、1866年の第二次幕長戦争においては長州藩の軍艦に同乗し6月の下関海戦に従軍する。

1867年4月には龍馬の脱藩が許されて隊長となり、土佐藩に付属する外郭機関として「海援隊」と改称される。いろは丸沈没事件においては、紀州藩に賠償金を請求する。

また武器や軍艦などの兵器を薩摩藩名義で長州へ流すなどの斡旋を行い、険悪であった薩摩と長州の関係修復を仲介する。6月、薩摩の西郷隆盛(吉之助)・長州の木戸孝允(桂小五郎)を代表とする薩長同盟の締結に大きな役割を果たす。

朝廷の復権・倒幕運動に奔走するが内戦回避を主張する坂本と薩摩・長州の武力倒幕論が意見対立し同年11月15日(12月10日)、京都・近江屋で坂本が陸援隊隊長の中岡慎太郎とともに暗殺されると求心力を失って分裂し戊辰戦争が始まると長岡謙吉らの一派は天領である小豆島などを占領し菅野覚兵衛らは佐々木高行とともに長崎奉行所を占領した。また小豆島も治めたが長岡が土佐藩より海援隊長に任命されたが、翌年閏4月27日(6月17日)には藩命により解散される。土佐藩士の後藤象二郎は海援隊を土佐商会として、岩崎弥太郎が九十九商会・三菱商会・郵便汽船三菱会社(後の日本郵船株式会社)・三菱商事などに発展させる。

坂本は蝦夷地(北海道)開発事業に着手する計画を持っていたといわれ、のちに親族の坂本直寛が遺志を継ぎ明治時代に北海道空知管内浦臼町に入植している。

海援隊 (浪士結社) - Wikipedia

坂本竜馬

坂本龍馬(さかもとりょうま、天保6年11月15日(1836年1月3日) - 慶応3年11月15日(1867年12月10日)は、日本の武士(土佐藩郷士)、明治維新に影響を与えた政治家、グラバー商会(ジャーディン・マセソンの日本代理販売店)代理人として武器輸入に関わった実業家
坂本龍馬 - Wikipedia

龍馬伝

. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
. 竜馬
. 龍馬写真館 写真で綴る坂本龍馬の世界
. 高知県立坂本龍馬記念館公式サイト

1. 大河ドラマ「龍馬伝」
2. 龍馬伝 - Wikipedia
3. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
4. 大河ドラマ「龍馬伝」
5. 龍馬伝 - Yahoo!ニュース

龍馬伝

大河ドラマ『龍馬伝』新キャストにリリー・フランキー、谷原章介、生瀬勝久ら

「龍馬伝」福山雅治は「JIN」の内野聖陽を超えることができるか
福山雅治が叩かれない理由 大きく分けて二つ

『龍馬伝』新キャスト発表 第4のヒロインに大河初出演の蒼井優


★★★

紅白歌合戦:視聴率、後半40%台も前年より減、瞬間最高視聴率はドリカムの50%
渡辺満里奈が第2子の妊娠を発表! 出産は今夏予定

坂本龍馬(さかもとりょうま、天保6年11月15日(1836年1月3日) - 慶応3年11月15日(1867年12月10日)は、日本の武士(土佐藩郷士)、明治維新に影響を与えた政治家、グラバー商会(ジャーディン・マセソンの日本代理販売店)代理人として武器輸入に関わった実業家。

土佐藩脱藩後、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中・海援隊の結成、薩長連合の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど、志士として活動した。贈官位、正四位。司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』の主人公とされて以来、国民的人気を誇っている。また、その事跡についてはさまざまな論議がある。

諱は直陰(なおかげ)のち直柔(なおなり)。龍馬は通称。他に才谷梅太郎などの変名がある。

生涯

生誕地(高知市)

立像
天保6年(1835年)11月15日(グレゴリオ暦で1836年1月3日)、土佐国土佐郡上街本町筋一丁目(現在の高知県高知市上町一丁目)に生まれた。
弘化3年(1846年)、母・幸が死去。
12歳の時、小高坂の楠山塾で学ぶが退塾。14歳で高知城下の日根野弁治の道場へ入門し、下士の習う小栗流和兵法を学ぶ。
嘉永6年(1853年)、剣術修行のため江戸(東京都)に出て、北辰一刀流剣術開祖千葉周作の弟の千葉定吉の桶町千葉道場(通称:小千葉道場)(東京都千代田区)に入門した。12月には佐久間象山の私塾にも通っている。
安政元年(1854年)に土佐に帰郷。画家の川田小龍から西洋事情を学ぶ。
安政2年(1855年)、父・八平が死去。
安政3年(1856年)、再び江戸・小千葉道場に遊学。
安政4年(1857年)、盗みを働き切腹沙汰となった仲間の山本琢磨を逃がす。
安政5年(1858年)、剣術修行を終えて帰国。北辰一刀流免許皆伝[4]。
文久元年(1861年)、3月、土佐で井口村刃傷事件が起り、龍馬の属する下士と上士の間で対立が深まる[5]。半年後、下士は武市瑞山をリーダーに土佐勤王党を結成し、龍馬は9番目に加盟した(土佐では加盟第1号)。10月、武市の密使として長州へ向かい、翌年1月、萩で久坂玄瑞と面談。2月末に帰国。
萩からの帰国後、1ヶ月もたっていない文久2年(1862年)3月に沢村惣之丞とともに脱藩した[6]。その直後に勤王党による吉田東洋の暗殺事件が起り、当初は龍馬が実行犯として疑われた。龍馬は九州などを放浪した後、江戸へ入り千葉道場に身を寄せる[7]。その後、千葉重太郎の紹介で、幕府政事総裁職の松平春嶽に面会。春嶽の紹介状を携え、12月、勝海舟に面会して弟子となる[8]。
文久3年(1863年)、勝が進める神戸海軍操練所の設立に尽力し、操練所よりも先に開設された神戸海軍塾の塾頭をつとめる[9]。勝・松平春嶽の運動で土佐藩主山内容堂から脱藩の罪を許される。この頃、龍馬は勝の護衛に勤王党の人斬り・岡田以蔵をつけている。八月十八日の政変で京から尊攘派が駆逐され、土佐勤王党も藩によって壊滅状態となる。藩の弾圧は江戸の龍馬にも伸び、龍馬は再脱藩する。
元治元年(1864年)、神戸海軍操練所が創設された[10]。龍馬はこの頃、弾圧が激しさを増していた京の尊攘過激派を救うべく蝦夷地への移住計画を開始するが、池田屋事件によって頓挫した。池田屋事件への報復である禁門の変で、長州側に多数の海軍塾生が加わっていたため、海軍塾は幕府から弾圧され、勝も解任された。勝の庇護を失った龍馬であるが、勝の紹介で西郷吉之助(西郷隆盛)を頼って大阪の薩摩藩邸に保護される[11]。
慶応元年(1865年)、京の薩摩藩邸に移った龍馬の元に中岡慎太郎らが訪問。この頃から中岡と共に薩長同盟への運動を開始する。薩摩藩の援助により、土佐脱藩の仲間と共に長崎で社中(亀山社中・のちに海援隊)を組織し、物産・武器の貿易を行った。
龍馬は、長崎のグラバー商会(イギリス武器商会のジャーディン・マセソン商会の直系)と関係が深く信用を得ていたが、8月、薩摩藩名義で香港のジャーディン・マセソン商会の信用状により長崎のグラバー商会から買い付けた銃器弾薬を長州藩に転売することに成功した。この年、「非義勅命は勅命にあらず」という文言で有名な大久保利通の書簡を、長州藩重役に届けるという重大な任務を龍馬が大久保や西郷に任されている[12]。
慶応2年(1866年)、1月、坂本龍馬の斡旋により、京都で長州の桂小五郎(木戸孝允)と薩摩の西郷隆盛が会見し、薩長同盟(薩長盟約)が結ばれた。このとき龍馬は桂に求められて盟約書の裏書を行っている。天下の大藩同士の同盟に一介の素浪人が保証を与えたものであって、彼がいかに信を得ていたかがわかる[13]。裏書を行う直前に寺田屋で幕吏に襲撃されたが、一命を取り留める。その傷を癒すため、妻おりょうと共に鹿児島を旅行する。6月、第二次長州征伐では亀山社中の船・ユニオン号(グラバー商会から薩摩藩名義で買い入れ「桜島丸」となり、長州藩に引き渡され「乙丑丸」となる)で長州藩海軍を支援。
慶応3年(1867年)、土佐藩との関係を修復して海援隊を創設した。4月、いろは丸沈没事件がおこり御三家紀州藩に8万3526両198文の損害を賠償させる。後藤象二郎とともに船中八策を策定し、後藤象二郎が山内容堂を説いて土佐藩の進言による大政奉還を実現させた[14]。12月、京都の旅寓・近江屋(京都市中京区)で何者かに中岡慎太郎と共に暗殺された。旧暦の誕生日と命日は同じ。暗殺犯は京都見廻組という説が有力である。
明治4年(1871年)、8月20日に龍馬の系統が途絶えるのを防ごうと、綸旨により姉千鶴の長男高松太郎が「坂本直」として龍馬の名跡を継いだ。
墓所は京都市東山区の京都霊山護国神社参道中腹。なお、靖国神社に祀られている。

暗殺

龍馬は慶応3年11月15日(1867年12月10日)の暗殺当日には風邪を引いて河原町の蛸薬師で醤油商を営む近江屋新助宅母屋の二階にいたとされる。当日は陸援隊の中岡慎太郎や土佐藩士の岡本健三郎、画家の淡海槐堂などに訪問されている。中岡はそのまま龍馬と話していたところ、十津川郷士と名乗る男達数人に切られた。龍馬達は近江屋の人間が入ってきたものと油断しており、帯刀していなかった。龍馬はまず額を深く斬られ、奮戦するもののそれが原因ですぐに死亡。中岡も重傷を負うが、数日間は生存して意識もあり、事件の証言を残した

むしろ生前より死後に有名になった人物であり、司馬遼太郎の作品を始め、小説やドラマに度々取り上げられる人物ではあるが、それらは実際の龍馬とかけ離れているのではないかという指摘は多い。歴史家の中に、特にそのような指摘をする人は多く、松浦玲などが代表格。ちなみに、龍馬の伝記を書いた歴史家としては、平尾道雄・池田敬正・飛鳥井雅道などが代表的。

本龍馬は生前よりも死後に有名になった人物である。

その最初は明治16年(1883年)、高知の『土陽新聞』に坂崎紫瀾が書いた「汗血千里の駒(かんけつせんりのこま)」が掲載され、大評判となった事である。

次に龍馬ブームが起きるのは日露戦争時である。日本海海戦の直前に、龍馬が皇后の夢枕に立ち、「日本海軍は絶対勝てます」と語ったという話である。皇后はこの人物を知らなかったが、宮内大臣の田中光顕が、龍馬の写真を見せたところ、間違いなくこの人物だということになったと言われる。真偽のほどは定かではないが、この話が全国紙に掲載されたため、坂本龍馬の評判が全国に広まる事となる

坂本家は清和源氏の一支族美濃源氏土岐氏の庶家、明智光秀の娘婿・明智秀満の末裔を称する[20] 。坂本姓の由来は、本能寺の変以前、明智氏所領であった坂本(現滋賀県大津市坂本)に由来している。しかしこれは後世の創作だろうとする声も強い。家紋は「組み合わせ角に桔梗」。

一方で、龍馬自身は紀姓で紀貫之の子孫と称したという。墓石にも「坂本龍馬 紀直柔」と名が彫られている。

坂本家が主君に差し出した『先祖書指出控』には、「先祖、坂本太郎五郎、生国山城国、郡村未だ詳らかならず、仕声弓戦之難を避け、長岡郡才谷村に来住す。但し年歴、妻之里、且つ病死之年月等未詳」とある。

天正16年(1588年)の才谷村の検地で村の3番目の百姓として登録されているにすぎず、3代目太郎左衛門までは公認の名字をもたぬ百姓身分と考えられる。2代目彦三郎、3代目太郎左衛門まで才谷村で農業を営んだ。4代目守之、5代目正禎は才谷村の字の一つである「大浜」を家名として名乗り始める。

寛文6年(1666年)、3代目太郎左衛門の次男・八兵衛は高知城下にでて質屋を開業(屋号は才谷屋)し、酒屋、呉服等を扱う豪商となる。享保15年(1730年)ころ本町筋の年寄役となり、藩主に拝謁を許されるにいたった。明和7年(1770年)、6代目直益は郷士の株を買い長男・直海を郷士坂本家の初代とし分家させ、名字帯刀、すなわち公認の名字を名乗り身分表象として二本差す身分にたどりついた。次男直清には商家才谷屋をつがせている。郷士坂本家3代目直足は白札郷士山本覚右衛門の次男としてうまれ坂本家へ養子として入った。直足の次男が直柔(坂本龍馬)である。妻はおりょう(楢崎龍)、また千葉さな子は婚約者だったといわれる
坂本龍馬 - Wikipedia


posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。