2010年01月10日

土佐藩士・下士、平井収二郎(宮迫博之)

NHKにやられっぱなしの民放は出色のデキ「龍馬伝」をマネしたら
“福山龍馬”に反響の声、『龍馬伝』プロデューサーも「狙い通り」と自信

乙女役寺島しのぶさん★スタジオパークからこんにちは
龍馬伝:視聴率23% 「天地人」下回る

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

武市道場:文武にすぐれた武市半平太が土佐で開いた剣術道場。龍馬をはじめ、身分の低い下士の師弟が集まり、けいこを励む。岡田以蔵ら剣に秀でた人材が育っていった

平井収二郎宮迫博之):土佐藩士・下士、加尾(広末涼子)の兄。半兵太を慕い、幼馴染の龍馬の優柔不断さを嫌う。
加尾(広末涼子)龍馬を引き離そうとする

宮迫博之

(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優。お笑いコンビ・雨上がり決死隊のボケ担当であり、相方は蛍原徹。大阪市西淀川区出身。私立金光第一高等学校(現・金光大阪高等学校)卒業。[1]NSC7期生。所属事務所は吉本興業。現在はお笑いタレントだけでなく、俳優活動やDonDokoDon山口智充とのユニット「くず」としての音楽活動も行なっている。身長167.5cm(『アイチテル』の番組内で測定)、血液型B型。

高校卒業後、警察官を志望して大阪府警の採用試験を受けるも、不合格となり、NSCに入る。同期の惠藤憲二と共に「ぴいぷる」というコンビを結成するが解散。1989年、蛍原徹とお笑いコンビ「雨上がり決死隊」を結成。
テレビ等では、常にテンション高くキレることが多いキャラクターで見られているが、実際のところ普段はかなり大人しく、時に「根暗」とまで表現される程であることが、相方の蛍原徹や先輩の松本人志、島田紳助等多数の口から語られている。
自己紹介では自分の頬を叩き、両人差し指を前に突き出し「宮迫〜です!」と言う。この一連の動きでは頬を叩くのは2回と勘違いしている人が多いが、実際には1回しか叩いていない。これは元々、自分の頬を叩く「俺はアホかっ」(もしくは「俺のアホっ」)という自虐ギャグから派生したものであり、これに「太極拳の型を加えた(本人談)」ものである。(『やりすぎコージー』にて本人談)
かなりの恐妻家で、妻には頭が上がらない。『行列の出来る法律相談所』などで宮迫は「タイの仏像のように微動だにしない」「離婚をしてほしいが禁句」「夫は仕事で疲れているのに家事労働とまるで奴隷」などと語っている。また、ロケ番組で収録中に宮迫の携帯に妻から電話があり買い物を頼まれることかあり、その様子が放送されることもしばしば。さらに、番組で宮迫の妻のネタをすれば折檻が待っているとも発言している。尚、2007年7月8日に放送された「気の毒な夫決定戦」では綾瀬はるかから、野々村真・川崎麻世・峰竜太などのそうそうたる恐妻家を抑えて「芸能界気の毒な夫NO.1」に選ばれ、弁護士軍団からも「離婚できる可能性は高いですよ」と太鼓判を押された。この判断を下した弁護士軍団の見解によれば、宮迫が40度の熱を出したのに妻が救急車を呼ばなかった事例が「一歩間違えれば保護責任者遺棄致死罪に該当する」とのこと。本人はチャンピオンベルトをもらったが「また妻に折檻される」とへこんでいた。
ちなみに、前述の恐妻家、野々村真・川崎麻世・峰竜太は妻も芸能人である。宮迫のように、テレビに出演していない身内を公の場で一方的に非難する「恐妻家タレント」は他にあまり例が無い。なお、妻の写真は結婚当初はテレビ番組などで公開されることがあったが、現在はボカシを入れられるなどしており公開はNGとなっている。
漫画・アニメ好きとしても有名で、未だにほとんどの漫画雑誌を講読、又は立ち読みしている。漫画の種類としては『北斗の拳』の様に、主人公が圧倒的に強いものが特に好みで、その中でも『月刊少年チャンピオン』に連載されていた『クローズ』は連載第一回から自分好みの漫画として愛読しており、未だに自分の中で最も面白い漫画であると言っている。また、アニメに関してもかなりオタク的で、こちらは『機動戦士ガンダム』や『超時空要塞マクロス』等が好きで、劇中の台詞をすべて覚えている。実際『マクロス』に関しては、自身がパーソナリティーを務めていた、MBSラジオ『オレたちやってま〜す』木曜日内で何度も熱弁を振るった結果、偶然それを聞いた関係者から実際に『マクロス』のDVD商品のCM出演オファーをもらった程である。また、後述のマクロスFの特番でも司会を務めている。本人曰く、初恋の相手は、ミンキーモモ。アニメソング好きでもあり『聖戦士ダンバイン』のオープニング曲「ダンバイン とぶ」を歌う場面がTV番組で放送されている。
かつては薄毛であることを芸人仲間に弄られていたが、2008年頃より増毛を目的に「K-BO-BOプロジェクト」に参加。その結果薄毛が解消され、「前髪が邪魔になるくらい生えた」とコメントするに至っている。
高所恐怖症である。
お笑い芸人ではあるが、俳優の仕事は乗り気であり、俳優になるための手段として、演技の勉強としてお笑いをやっていた。(ナインティナインのオールナイトニッポン内での岡村隆史の一言)
中学生時代は北原佐和子のファンであった[2]。
愛犬はヨークシャーテリアである。
服や下着にドクロの物を良く好んで着ている。そのことをスタッフを通じて、加藤浩次がネタにしている

松本人志は「大阪に帰ったとき懐かしいから二丁目劇場の2階から見物していて、30秒見て売れると思ったのが宮迫だった。」と語っている。[3]
プロレス技として有名なドロップキックを得意としており、「雨上がり決死隊名物・相方潰し」と称される蛍原に対する過激なツッコミの代名詞である。蛍原の胸板を正確に打ち抜く技術に加えて受け身も上手く、お笑い界一の名手との呼び声も高い。

宮迫博之 - Wikipedia



posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。