2010年02月25日

吉田松陰(生瀬勝久)

龍馬だけじゃない!“明治維新の先駆者”吉田松陰の生き様に注目

★★★

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

龍馬伝』NHK・午後8時・第6話「松陰はどこだ」2/7

吉田松陰生瀬勝久):長州が産んだ早熟の天才。私塾「松下村塾」を開き、桂小五郎や高杉晋作ら多くの傑物を育て上げる。

ペリー来航の際、黒船で密航しようとして失敗。坂本龍馬福山雅治)は「思い立ったら行動せよ」の精神を学び取る

. 吉田松陰 - Wikipedia

2. 吉田松陰.com(幕末の私塾・松下村塾について)
3. 幕末歴史探訪 吉田松陰
4. 松陰神社/吉田松陰先生を祀る東京都世田谷区の神社。 http://www.shoinjinja.org/
5. 吉田松陰 よしだ・しょういん

NHK大河ドラマ『龍馬伝』第5回「黒船と剣24.4%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第4回「江戸の鬼小町」23.4%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第3話「偽手形の旅」(1/17)22.6%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第2話「大器晩成」(1/10)21.0%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』(1/3)視聴率23.2%

NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物

★★★

龍馬伝

NHK大河 2年連続で同じ事務所のタレントが主演に決まった事情
グループの始祖岩崎弥太郎が「汚すぎる」NHK大河ドラマ「龍馬伝」に「三菱」がブーイング

上野樹里は宮崎あおいを越えられるか?

上野樹里大河主演に期待の声
福山雅治の“同僚”上野樹里が大河ドラマ主演上野樹里、11年大河「江〜姫たちの戦国〜」主演に抜てき!


龍馬伝

1. 大河ドラマ「龍馬伝」
2. 龍馬伝 - Wikipedia
3. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
4. 大河ドラマ「龍馬伝」
5. 龍馬伝 - Yahoo!ニュース

★★★

生瀬勝久
(なませ かつひさ、1960年10月13日 - )は、日本の俳優。兵庫県西宮市塩瀬町生まれ。兵庫県立宝塚高等学校、同志社大学文学部社会学科産業関係学専攻卒業。所属事務所はキューブ。血液型はO型。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り。妻はモデルの堀本陽子。母は日本社会党の元西宮市議会議員生瀬悦子

個性的な演技で、映画、テレビ、ラジオ、舞台で幅広く活動。脇役が多い。また、独特のキャラクターを生かしてバラエティ番組にも活躍の幅を広げる。フリートークも積極的である。また、『トリック』、『ごくせん』、『功名が辻』など、仲間由紀恵との共演が多い(いずれも仲間が主演で、生瀬がそれに絡むレギュラーキャラを演じている)[1]。

TPOに応じ、共通語と関西弁を臨機応変に使い分けている。バラエティでは、共演者や番組の内容によって、標準語で話すときと関西弁で話すときが違ってくる。ドラマでは、関西を舞台にしている作品に出演したり、関西出身の人物を演じることがよくあり、その際は関西弁で演じている

学生時代は、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の名で「喜劇研究会」「第三劇場」そして京大系の劇団「そとばこまち」で辰巳琢郎・川下大洋らとともに活動、「第三劇場」ではマキノノゾミと交流があり、「そとばこまち」では座長もつとめた。当時、ゼミの指導教授であった石田光男(現在、同志社大学社会学部長)から「君は俳優に向いていないよ」と言われるが、後に石田は「先見の明」がなかったことを反省したという。

1988年から1年間にわたって放送された、讀賣テレビ放送の深夜のコント番組『週刊テレビ広辞苑』で漫画家のひさうちみちおらとともにレギュラー出演して人気を呼ぶ。また、1988年3月5日の『探偵ナイトスクープ!』第1回放送(「カーネル・サンダースを救出せよ!」)では、探偵役を務めた。以後も1989年の『現代用語の基礎体力』、1990年の『ムイミダス』、『未確認飛行ぶっとい』、など同じく読売テレビの深夜番組に続けて出演し、「劇団☆新感線」の古田新太や羽野晶紀、「賣名行為」の立原啓裕、升毅、牧野エミらとともに関西学生演劇ブームを起こす一端となる。2008年3月8日・15日の2週に渡って20年前の製作スタッフ、キャストが再集結し『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が讀賣テレビ放送にて放映された。

1988年、NHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』への出演を機に現在の名前へと変更する

生瀬勝久 - Wikipedia

★★★

度破局も…嵐・相葉&水川あさみ“復活愛”

朝青龍が引退!!! 最後に男気みせた…貴乃花ニヤッ
<朝青龍関>引退…暴行問題けじめ「自分にとっての運命」
朝青龍、涙の引退会見「相撲に対する悔いはない」

女性が憧れを抱く男性は40代が圧倒的!魅力的な40代男性1位は佐藤浩市、魅力的な仕草1位はネクタイを緩める

水嶋ヒロ、妻・絢香との夫婦水入らずを報告「最近まで新婚旅行をしておりました


posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。