2010年11月26日

NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物

龍馬伝・話題

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

徳川慶喜(田中哲司)・・・『龍馬伝』眉なし徳川慶喜の熱演

中岡慎太郎上川隆也

陸奥宗光平岡祐太

後藤象二郎青木崇高

お元(蒼井優)

西郷吉之助(高橋克実)・・第26回〜

高杉晋作伊勢谷友介)

木戸貴治谷原章介):(第5回・黒船と剣

岩崎弥太郎香川照之

沢村惣之丞(要潤)

◆14代将軍・家茂(中村隼人)

お龍(真木よう子)

◆饅頭やの近藤長次郎(大泉洋)・・龍馬伝・第34回「侍、長次郎」(8/22)

「坂本さん・・どうかわしを許してください・・わしは、社中のみんなを裏切ってしまった。わしがイギリスへ密航しようとしたのは申し開きの出来ない事実やき・・わしの不始末で社中に迷惑をかけるわけにはいかん。。わしは腹をきるがです・・それは侍にしか許されんこと・・わしはやっと本当の侍になれるじゃき・・坂本さん、女房にはよろしぅ伝えてください。なにかあったときはどうか助けてやってください・・日本を変え、立派な独立国にする夢はみんなに託します。必ず成し遂げてください・・」


大浦慶(余貴美子)

勝麟太郎(武田鉄矢) 〜第26回6/27

登勢(草刈民代)・・第25回〜

平井加尾(広末涼子)

土佐勤皇党望月亀弥太(音尾琢真)高松太郎(川岡大次郎)千屋虎之助(是近敦之)・・・第18回「海軍を作ろう」

吉田松陰(生瀬勝久)NHK大河ドラマ『龍馬伝』第6回「松陰を捜せ」龍馬だけじゃない!“明治維新の先駆者”吉田松陰の生き様に注目

◆絵師の河田小龍(リリーフランキー)

ペリー
老中・阿部正弘(升毅)

溝渕広之丞ピエール澱

★★★

坂本家:元は豪商才谷屋から分家し、郷士になった。女性の多い家庭環境だった

父・八平(児玉清)
産みの母・幸(草刈民代)
龍馬の父・坂本八平(児玉清)

姉・乙女(寺島しのぶ)

兄・坂本権平(杉本哲太)と
兄嫁・千野(島崎和歌子

春猪(前田敦子)

★★★

武市道場:文武にすぐれた武市半平太が土佐で開いた剣術道場。龍馬をはじめ、身分の低い下士の師弟が集まり、けいこを励む。岡田以蔵ら剣に秀でた人材が育っていった

武市半平太大森南朋
岡田以蔵(佐藤健)
平井収二郎(宮迫博之)
土佐藩の山本琢磨(橋本一郎)


★★★

千葉道場:江戸の名門道場。主の定吉、鬼小町と呼ばれる娘・佐那、庶務を一手にになう息子・重太郎が家族で経営する

千葉定吉(里見浩太郎)
の息子・重太郎(渡辺いっけい)
女剣士・佐那貫地谷しほり

NHK大河ドラマ『龍馬伝』第4回「江戸の鬼小町」

山内容堂(やまうちようどう山内豊信 → 山内容堂):近藤正臣

吉田東洋(よしだとうよう吉田元吉 → 吉田東洋):田中泯
「わしは何を言ってもええがじゃ。天才じゃき。そのうちわしはまた参政に返り咲く。わしがいかに有能かお殿様はわかっている。こんな人間はなにをしてもええがじゃ・・おぬしは何ものか、おぬしになにができるか。なんの力もないもんは黙っているしか仕方がなkがじゃ。これが世の中ぜよ。」)NHK大河ドラマ『龍馬伝』第8回「弥太郎の涙」(2/21)

★★★



posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

坂本龍馬を暗殺する実行犯・京都見廻組の与力頭・今井信郎役・・市川亀治郎

坂本龍馬を暗殺する実行犯・京都見廻組の与力頭・今井信郎役・・市川亀治郎

二代目 市川亀治郎(にだいめ いちかわ かめじろう、1975年(昭和50年)11月26日 - )は、東京都出身の俳優、歌舞伎役者。 本名は喜熨斗孝彦(きのし たかひこ)。屋号は澤瀉屋、定紋は八重澤瀉(やえおもだか)。歌舞伎名跡「市川亀治郎」の当代

歌舞伎女形では若手トップの一人として将来を嘱望される一方で、テレビではNHK大河ドラマ『風林火山』で男臭い武田晴信を演じるなど、その芸域は広い。2002年(平成14年)には自らが主催する自主公演会「亀治郎の会」を立ち上げ、以後は常に新しい分野に意欲的に挑戦している。

喜熨斗孝彦は歌舞伎役者四代目市川段四郎の長男として東京にうまれた。伯父に三代目市川猿之助、その長男で俳優の香川照之は従兄にあたる。

1980年(昭和55年)、歌舞伎座で『義経千本櫻』の安徳帝で初お目見得。1983年(昭和58年)には『御目見得太功記』の禿たよりで、二代目市川亀治郎を襲名して初舞台を踏んだ。

その後は1990年(平成2年)の「三代目市川猿之助歌舞伎座公演二十周年記念」で 『連獅子』の仔獅子の精や、1996年(平成8年)の「国立劇場開場三十周年記念公演」で通し狂言『四天王楓江戸粧』の花園姫をつとめるなど、歌舞伎役者として着実に成長していった。

また学問の澤瀉屋の名に恥じることなく、1998年(平成10年)に慶應義塾大学文学部国文学専攻を卒業。こののち同年中に『義経千本櫻』のお里で名題に昇進した。

その後は、2002年から2006年(平成18年)にかけては「亀治郎の会」を開催。ベテランの指導を仰ぎながら『攝州合邦辻』・『春興鏡獅子』など大役の主演と演出に取り組む。また2003年(平成15年)には「天台宗千二百年記念比叡山薪歌舞伎」『比叡山の曙・若き日の最澄』の最澄を主演。2007年(平成19年)には蜷川幸雄が歌舞伎に挑んだ『NINAGAWA十二夜』で麻阿をつとめるなど、さまざまな分野で活躍している。2006年(平成18年)と2007年には海外公演としてロンドン、アムステルダム、パリの舞台にも立っている。

2007年には大河ドラマ『風林火山』で武田晴信をつとめ、これがテレビドラマ初出演となった。翌2008年(平成20年)にはこのドラマを舞台化した『風林火山 晴信燃ゆ』では晴信・勘助二役をつとめたほか、演出面でも構想の段階から深く関わった。 ラジオ通としても知られ、笑福亭鶴光の大ファンである。

2009年(平成21年)、芸術選奨新人賞を『祇園祭礼信仰記・金閣寺』の雪姫及び『色彩間苅豆・かさね』のかさねで受賞[1]。特にかさねはこれまでもこんぴら歌舞伎やロンドン公演などで繰り返し演じてきており、「端正な芸格で一途な女心の切なさ、裏切りへの怨念を清元に乗せて見事に踊り切り」(前記芸術選奨選評)と高く評価されている

趣味は、浮世絵収集で所有する浮世絵の枚数は2000枚を所有する[2]。

若手歌舞伎俳優の中では屈指の理論家、勉強家と評される。自宅に書店が開けるくらい蔵書が置いてあると噂されている[3]。また精神世界や終末論などにも造詣が深く、自宅に瞑想室を持っているらしい[4]。哲学者である梅原猛を学生時代から崇拝しており、2006年には『「神と仏」対論集』の第3巻、『神仏のまねき』という本が角川書店より発売されている。

2007年3月10日の『土曜スタジオパーク』にゲストで出演した際に、「もしも『風林火山』で武田晴信に加えてもう一つ別の役ができるとしたら?」と言う質問には 「由布姫です!」と即答した。

ニッポン放送の『福山雅治のオールナイトニッポン』を第2部の頃から聴いている。また、2008年2月の『俺たちのオールナイトニッポン40時間スペシャル内の『福山雅治の魂のラジオ』では福山本人へのメッセージも放送された。

従兄弟である香川照之と仲が良い。共演は実現していないものの、亀治郎の会のプログラムに香川がレビューを寄稿したり、亀治郎がドラマの記者会見などで香川をダシにしたコメントをしたりするなど親密な関係にある(『ザ・マジックアワー』に2人とも出演しているが、同じ画面には出ていない。)。『ネプリーグ』出演時、原田泰造に「千鳥の大悟に似ている」と指摘され、その後、実際に遠い親戚であることを自身のブログで明かしている[5]が、それは嘘である、と自らがパーソナリティを務めた2010年3月1日放送『オールナイトニッポンゴールド』で打ち明けた。

近年は、「インテリ俳優」の1人として、『Qさま!!』や『平成教育委員会』のような教養系クイズ番組への出演が多い。その為、これらの番組で共演する機会が多い宇治原史規と仲が良く、大悟との交流も宇治原からの紹介がきっかけである

市川亀治郎 (2代目) - Wikipedia

注目の“福山龍馬”暗殺犯、演じるのは市川亀治郎
ラベル:市川亀治郎
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

龍馬伝★近藤長次郎(大泉洋)

龍馬伝・第34回「侍、長次郎」(8/22)

「坂本さん・・どうかわしを許してください・・わしは、社中のみんなを裏切ってしまった。わしがイギリスへ密航しようとしたのは申し開きの出来ない事実やき・・わしの不始末で社中に迷惑をかけるわけにはいかん。。わしは腹をきるがです・・それは侍にしか許されんこと・・わしはやっと本当の侍になれるじゃき・・坂本さん、女房にはよろしぅ伝えてください。なにかあったときはどうか助けてやってください・・日本を変え、立派な独立国にする夢はみんなに託します。必ず成し遂げてください・・」

龍馬伝・話題

龍馬伝にも登場、弥太郎・母「へそくりつぼ」発見
『龍馬伝』新キャスト発表! トータス松本がジョン万次郎役でNHKドラマ初出演

★★★

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

龍馬伝』NHK・午後8時・2/14第7回「遥かなるヌーヨーカ」

近藤長次郎大泉洋

坂本龍馬福山雅治)の幼馴染。饅頭やの息子。いち早く海外に興味を持ち、商人から身を起こし、勝海舟の弟子になる。

のちに坂本龍馬福山雅治)とともに新しい日本を目指し、亀山社中に参加

近藤 長次郎(こんどう ちょうじろう、天保9年3月7日(1838年4月1日) - 慶応2年1月14日(1866年2月28日))は幕末期の土佐藩出身の人物である。名を春宗。別名は上杉宋次郎、近藤昶次郎、梅花道人。

高知城下の饅頭商人の息子として生まれ長次郎自身も饅頭を売り歩いていたため、はじめは名字がなく饅頭屋長次郎と呼ばれた。幼少期から聡明で江戸に出て学問と砲術を学び、その才能を山内容堂にも認められて文久3年(1863年)に名字帯刀を許された上で、神戸海軍操練所に入った。同じく土佐藩出身である坂本龍馬とは仲が良く、龍馬と共に海援隊の前身である亀山社中を設立した。また龍馬の命令で長州藩に赴き、小銃を売り渡している。このとき、長次郎は長州藩主の毛利敬親から謝礼の言葉を直々に頂いている。

そして長次郎は汽船・ユニオン号を購入したが、このときに長州藩とユニオン号の引渡し条件をめぐって諍いを起こしてしまう。しかし龍馬が仲介したため、長州藩は謝礼金を支払ったといわれている。

長次郎は龍馬と同じく狭い日本にいるよりも世界に羽ばたく国際人になりたかったようであり、ユニオン号引渡しで長州藩から得た謝礼金をイギリス商人のトーマス・グラバーに渡した上でイギリス船に乗り込んでイギリスに留学しようとした。ところが天候悪化により出港が遅れたためにその計画が露見する。しかも長次郎は密かに亀山社中の資金を横流ししていた。このため、これらの罪により社中の隊士たちより切腹を言い渡されることになる。このとき切腹を命じたのは龍馬自身であったという説が一部にあるが、当時龍馬は薩長同盟締結のため京都に赴いていて長崎には不在であり、長次郎の切腹は、龍馬不在中に社中の隊士が決定したことである可能性が高い。享年29。

なお、龍馬の妻であるお龍は後に回顧録「千里駒後日譚」(せんりのこまごじつのはなし)の中で長次郎の訃報を聞いた龍馬が「己が居ったら殺しはせぬのぢゃった」とその死を悼んでいたという証言を残している。

葬儀は社中の者であげた。墓は皓台寺墓地内の幕末期砲術家高島秋帆墓地の裏手(山側)にひっそりと建てられていたが、現在では大浦お慶とともに志士たちを援助した小曾根家の墓地内に移設された。墓碑には、小曾根邸の離れの屋敷名をとって「梅花書屋氏墓」と記されている。筆跡は龍馬のものとされている。

龍馬は後に、「術数有り余って至誠足らず。上杉氏(長次郎の変名上杉宋次郎のこと)身を亡ぼす所以なり」と嘆いたという(「坂本龍馬手帖摘要」)。

近藤長次郎 - Wikipedia

★★★

NHK大河ドラマ『龍馬伝』第6回「松陰を捜せ」(2/7)21.2%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第5回「黒船と剣24.4%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第4回「江戸の鬼小町」23.4%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第3話「偽手形の旅」(1/17)22.6%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第2話「大器晩成」(1/10)21.0%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』(1/3)視聴率23.2%

NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物

★★★

龍馬伝

『龍馬伝』効果現れず!! ミュージシャン・福山雅治のセールス伸び悩み

幕末の偉人・吉田松陰を演じた俳優が見せたこだわりとは?
龍馬だけじゃない!“明治維新の先駆者”吉田松陰の生き様に注目

グループの始祖岩崎弥太郎が「汚すぎる」NHK大河ドラマ「龍馬伝」に「三菱」がブーイング


龍馬伝

1. 大河ドラマ「龍馬伝」
2. 龍馬伝 - Wikipedia
3. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
4. 大河ドラマ「龍馬伝」
5. 龍馬伝 - Yahoo!ニュース

★★★

玉置宏さんが脳幹出血で死去 後日「お別れの会」
口コミ効果だ!アバター国内興収100億突破

草なぎ主演5夜連続ドラマ、膨大なセリフに悲鳴
田中麗奈がNHK「トップランナー」で初MC!

【オリコン“本”】生田斗真効果? 『人間失格』が文庫部門初のTOP5入り
映画「人間失格」主演の生田斗真「太宰文学の敷居の高さをゆるめるのが自分の役割」

生田斗真の自信作完成! 室井滋と三田佳子が大胆予告

黒木瞳 また連ドラ主役を張るカラクリ
朝ドラ惨敗女優・多部未華子を待ち受ける、初主演舞台『農業少女』の“アクの強い”共演者たち!
若手AD」表舞台で大活躍 「堀くん」はバラエティ出演
V6解散! 解散で売れるメンバーと売れないメンバー
岸部一徳この人物のオモテとウラ 岸部一徳

恒例「第23回 サラリーマン川柳」100選 〜“事業仕分け”から“こども店長”まで流行語ネタが勢揃い


★★★

posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

龍馬伝・第26回「西郷吉之助」

歴史ドラマには突っ込みどころ満載 「龍馬伝」「水戸黄門」・・・

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

龍馬伝』NHK・午後8時・第26回「西郷吉之助」

神戸の海軍操練所が閉鎖されることになり、勝麟太郎(武田鉄矢)坂本龍馬福山雅治)を薩摩藩の西郷吉之助高橋克実)に会わせる

西郷隆盛(さいごう たかもり、文政10年12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩)、軍人、政治家。

薩摩藩の盟友大久保利通、長州藩の木戸孝允(桂小五郎)と並び、「維新の三傑」と称される。

薩摩国薩摩藩下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長子。名(諱)は元服時には隆永(たかなが)、のちに武雄、隆盛(たかもり)と改めた。幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次変えた。号は南洲(なんしゅう)。隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父吉兵衛の名を届けたため、それ以後は父の名を名乗ったからである。一時、西郷三助・菊池源吾・大島三右衛門、大島吉之助などの変名も名乗った、本名は8代目西郷吉兵衛隆永と言う。

西郷家の初代は熊本から鹿児島に移り、鹿児島へ来てからの7代目が父吉兵衛隆盛、8代目が吉之助隆盛である。次弟は戊辰戦争(北越戦争新潟県長岡市)で戦死した西郷吉二郎(隆廣)、三弟は明治政府の重鎮西郷従道(通称は信吾、号は竜庵)、四弟は西南戦争で戦死した西郷小兵衛(隆雄、隆武)。大山巌(弥助)は従弟、川村純義(与十郎)も親戚である。

薩摩藩の下級武士であったが、藩主の島津斉彬の目にとまり抜擢され、当代一の開明派大名であった斉彬の身近にあって、強い影響を受けた。斉彬の急死で失脚し、奄美大島に流される。復帰するが、新藩主の実父で事実上の藩主の島津久光と折り合わず、再び、沖永良部島に流罪にあう。しかし、家老小松清廉(帯刀)や大久保の後押しで復帰し、元治元年(1864年)の禁門の変以降に活躍し、薩長同盟の成立や王政復古に成功し、戊辰戦争を巧みに主導した。勝海舟との降伏交渉に当たっては、新政府の後ろ盾となっていたイギリスが、江戸湾を拠点とした貿易に支障がでることを恐れて江戸総攻撃に反対したため、西郷隆盛をはじめとする新政府はイギリスの求めに応じ、江戸総攻撃を中止した(江戸無血開城)。

その後、薩摩へ帰郷したが、明治4年(1871年)に参議として新政府に復職。さらにその後には陸軍大将・近衛都督を兼務し、大久保、木戸ら岩倉使節団の外遊中には留守政府を主導した。朝鮮との国交回復問題では朝鮮開国を勧める遣韓使節として自らが朝鮮に赴くことを提案し、一旦大使に任命されたが、帰国した大久保らと対立する。明治6年(1873年)の政変で江藤新平、板垣退助らとともに下野、再び鹿児島に戻り、私学校で教育に専念する。佐賀の乱、神風連の乱、秋月の乱、萩の乱など士族の反乱が続く中で、明治10年(1877年)に私学校生徒の暴動から起こった西南戦争の指導者となるが、敗れて城山で自刃した。

位階は正三位。功により、継嗣の寅太郎に侯爵を賜る。

文政10年12月7日(1828年1月23日)、薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場(下加治屋町方限)で、御勘定方小頭の西郷九郎隆盛(のち吉兵衛隆盛に改名、禄47石余)の第一子として生まれる。西郷家の家格は御小姓与であり、下から二番目の身分である下級藩士であった。本姓は藤原(系譜参照)を称するが明確ではない。先祖は肥後の菊池家の家臣で、江戸時代の元禄時代に薩摩の島津家家臣になる。

天保10年(1839年)、郷中仲間と月例のお宮参りに行った際、他の郷中と友人とが喧嘩しその仲裁に入るが、上組の郷中が抜いた刀が西郷の右腕内側の神経を切ってしまう。西郷は三日間高熱に浮かされたものの一命は取り留めたが、刀を握れなくなったため武術を諦め、学問で身を立てようと志した。天保12年(1841年)、元服し吉之介隆永と名乗る。この頃に下加治屋町郷中(したかじやまちごじゅう)の二才組(にせこ)に昇進する。

西郷隆盛 - Wikipedia

高橋克実

高橋 克実(たかはし かつみ、1961年4月1日 - )は、新潟県三条市出身の俳優、マルチタレント、司会者。シス・カンパニー所属。血液型はA型。身長175cm

実家は日用雑貨店。新潟県立三条東高等学校卒業後上京、予備校生としての生活を送る。予備校時代は井の頭線・東松原の寮に住み、下北沢が遊び場だった。
浪人生活を送るも、仲間と楽しく遊びすぎたのか受験に失敗。某大学に入学するもすぐに中退。紆余曲折の末、松田優作に憧れ役者の道を志す。
1987年、劇団離風霊船に入団。同年、映画『ウェルター』の端役で映画デビュー。
1993年、NHKドラマ『トーキョー国盗り物語』でヒロイン(の1人)の相手役に抜擢され、ドラマ初出演。
しかし本人曰く「あまりのNGの多さに本人の知らないところで脚本が変更され、転勤という設定で途中降板させられた」そうである。しかもそのことをドラマを観ていて相手役の女優のセリフで初めて知ったとも語っている。
1990年代後半、テレビドラマ『ショムニ』の人事部長役でブレイクし、その後様々なドラマやバラエティー番組にて人気を博している。中でも同じ事務所に所属している八嶋智人と司会を務めた『トリビアの泉』は、高視聴率を記録していた。この両番組のヒットにより、視聴者からは「隣に有能な部下がいるから何とかなっているダメ上司」というアピールイメージが強い。
コメディードラマへの出演が多いが、2006年の土曜ワイド劇場特別企画『ユニット』では DV夫で悪徳刑事という悪役、同年の金曜エンタテイメント『こちら新宿駆けこみ寺』(ドラマ初主演)では主人公の型破りな助け人役、また 2008年のNHK土曜ドラマ『フルスイング』(連続ドラマ初主演)では主人公の熱血教師役を好演し、俳優としての幅の広さ、存在感を改めて再認識させた。
特に『フルスイング』では、生徒と同僚教師たちに力強い愛で教師の情熱を注いだ高林導宏役を好演。同番組ウェブサイトの投稿サイトをはじめ新聞やテレビ雑誌などで、朴訥な人柄・笑みを絶やさず周囲に勇気と希望を与えていく高林役の熱い演技力が評価され、ギャラクシー賞2008年2月度月間賞を受賞した。
人物 [編集]
趣味はサーフィン。
愛称はCats me。
松田優作の大ファン。出演映画を何度も観て服装を真似たり、ポスターでの姿を真似た写真を撮ったりするなどの熱狂的なファンで、それが高じて役者になったことをことあるごとに語っている。
下積み生活が長く、『ショムニ』の出演前後である38歳までアルバイトで生計を立てていたという苦労人。以前は神奈川県相模原市のアパートに住み、ビニール本配達などの仕事を月収3万でしていたらしい。
ラブホテルの駐車場での車庫入れ係、ディスコの黒服、レンタルビデオの店長など、数々のアルバイトを経験しているが、中でも最も長く続けたのは、野立て看板を立てる仕事だったらしい[1]。
以前は、頭頂部の毛の少なさをカバーしようと側頭部の髪の毛を長く伸ばし、その毛を上に被せるという特殊な髪型であった。行きつけの床屋で2週間に1度セットしていた。
この髪型を維持するため整髪料を大量に使ってガチガチに固めていたため、頭頂部に被さった部分はまるで横に蝶番の付いたフタの様に開閉が可能であった。この為、八嶋智人等劇団の仲間からハッチというあだ名を授かった。また、ジッポというあだ名も仲間内からあった。他にも「人間たこやき」と言う声もある。
二日酔いの状態で草野球の試合に出場し、脱水症状その他諸々の理由で帰りに立ち寄ったコンビニで倒れてしまい、救急車で運ばれたことがある。その時は髪型をセットしていなかったため、見られないように被っていた帽子から決して手を離さなかったらしい。
2004年4月、髪型を坊主に変えた。それまで一部でカツラ疑惑が囁かれていたが誤解として片付けられた。しかし未だに「切った」ではなく「(カツラを)取った」と指摘を受けるケースがある。
『トリビアの泉』では、坊主で初めて出演する前の回に「次回、トリビアの泉リニューアル!!」と予告放送された。
2001年1月15日にゲスト出演した関西テレビ『快傑えみちゃんねる』において、妻(女優・兎本有紀[2])と離婚して 1年ほど経ったことを明かしている。また同番組では、1999年に出演した舞台『きらめく星座』の半年に渡る全国公演から帰宅すると妻が荷物とともにいなくなっていたことも告白している。
離婚については、これに先立つ 2000年12月9日にゲスト出演したフジテレビの深夜番組『赤ちゃん金ちゃんしゃべる部屋』でも本人自ら明かしている。
2004年12月に、日本国外でのロケーションに出かけている際に自宅に泥棒が入り、パソコンなどの盗難の被害に遭った。同時に妻と離婚していたことも報道され、よくそれを『トリビアの泉』などで自虐ネタとして使っている。前妻とは別れてはいるが仲は悪くなく、前述の盗難被害の際には高橋が海外ロケをしている最中だったので、当人の代理として警察に盗難の被害届を出したという。ちなみに「テレビの報道を見て被害額を知った」と、『トリビアの泉』で語った。
幼少期は「三条の神童」と呼ばれていたという。現在とは似ても似つかぬほどの美形であり、三条信用金庫のCMに出演したこともある(『トリビアの泉』でも紹介された)。
自宅にポスターを貼るほどの、大のhitomiファン。かつては松任谷由実のファンクラブにも加入していた。aikoのファンでもあり、シングル、アルバムの全てを持っている程である。
偏食家である。かつての結婚生活でだいぶ緩和されたそうだが、今でもウナギや川魚、タマネギなど嫌いなものが多い。逆に好きなものは麺類全般。
2010年2月27日に放送された『トリビアの泉SP』によると、ピタゴラスイッチのような装置(ルーブ・ゴールドバーグ・マシン)を作るギネス記録に認定されていたことを明かした。これは、フジテレビで行われたギネス挑戦中に、偶然居合わせた高橋がギネス賞を授かった物である。
嵐の二宮和也とは共演が多く(「あぶない放課後」、「熱烈的中華飯店」、「優しい時間」、「拝啓、父上様」など)、プライベートでも交友がある。

高橋克実 - Wikipedia

★★★

龍馬伝・第25話「寺田屋の母」6/20その2
龍馬伝・第25話「寺田屋の母」6/20その1

龍馬伝・第24話「愛の蛍」6/13
龍馬伝・第23話「池田屋へ走れ」6/619.2%
龍馬伝・第22回「龍という女」5/3019.5%
龍馬伝・第21回「故郷の友よ」5/23視聴率20%
龍馬伝・第20話「収二郎、無念」20.4%
龍馬伝・第19回「攘夷決行」5/9視聴率19%
龍馬伝・第18回「海軍を作ろう」5/218.4%
龍馬伝・第17話「怪物、容堂」21.8%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第16回「勝麟太郎」視聴率21.9%
龍馬伝・第1回から第15回

龍馬伝・話題

龍馬伝・キャスト、登場人物

★★★

龍馬伝

龍馬伝

1. 大河ドラマ「龍馬伝」

2. 大河ドラマ「龍馬伝」
3. 龍馬伝 - Wikipedia
4. 大河ドラマ 龍馬伝|NHKドラマ
5. YouTube - 龍馬伝

★★★

向井理(俳優)
『ゲゲゲの女房』映画化!吹石一恵、涙ぐむ水木しげる夫人から手を握りお礼を言われる!

スタミナ満点!蒸し鶏のホワイトソース(ウチゴハン)
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

陸奥陽之助⇒陸奥宗光(龍馬伝)

陸奥宗光平岡祐太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

陸奥宗光(むつ むねみつ、天保15年7月7日(1844年8月20日) - 明治30年(1897年)8月24日)は、日本の武士・紀州藩士、政治家、外交官。「カミソリ大臣」と呼ばれ、外務大臣として不平等条約の改正(条約改正)に辣腕を振るった。江戸時代までの通称は陽之助

正二位勲一等伯爵。家紋は仙台牡丹。

生い立ち [編集]
天保15年(1844年)8月20日、紀州藩士伊達宗広と政子(渥美氏)の六男として生まれる。幼名は牛麿(うしまろ)。生家は伊達騒動で知られる、伊達政宗の末子・伊達兵部宗勝の後裔と伝えられるが、実際は古くに陸奥伊達家から分家した駿河伊達家の子孫。伊達小次郎、陸奥陽之助と称する。国学者・歴史家としても知られていた父の影響で尊王攘夷思想を持つようになる。父は紀州藩に仕え財政再建をなした重臣であったが、宗光が8歳のとき(1852年)藩内の政争に敗れて失脚したため、一家には困苦と窮乏の生活がおとずれた。

幕末 [編集]

若き日の陸奥宗光安政5年(1858年)、江戸に出て安井息軒に師事するも、吉原通いが露見し破門されてしまう。その後は水本成美に学び、土佐の坂本龍馬、長州の桂小五郎(木戸孝允)、伊藤俊輔(伊藤博文)などの志士と交友を持つようになる。

文久3年(1863年)、勝海舟の神戸海軍操練所に入り、慶応3年(1867年)には坂本龍馬の海援隊に加わるなど始終坂本と行動をともにした。勝海舟と坂本の知遇を得た陸奥は、その才幹を発揮し、坂本をして「(刀を)二本差さなくても食っていけるのは、俺と陸奥だけだ」と言わしめるほどだったという。陸奥もまた龍馬を「その融通変化の才に富める彼の右に出るものあらざりき。自由自在な人物、大空を翔る奔馬だ」だと絶賛している。

龍馬暗殺後、紀州藩士三浦休太郎を暗殺の黒幕と思い込み、海援隊の同志15人と共に彼の滞在する天満屋を襲撃する事件(天満屋事件)を起こしている。

維新後 [編集]
明治維新後は外国事務局御用係[1](1868年)、兵庫県知事(1869年)、神奈川県令(1871年)、地租改正局長(1872年)などを歴任するが、薩長藩閥政府の現状に憤激し、官を辞した。この間、明治5年(1872年)に蓮子夫人が亡くなり、翌明治6年(1873年)に亮子と結婚している。大阪会議(1875年)で政府と民権派が妥協し、その一環で設置された元老院議官となる。

投獄と欧州留学 [編集]
明治10年(1877年)の西南戦争の際、土佐立志社の林有造・大江卓らが政府転覆[2]を謀ったが、陸奥は土佐派と連絡[3]を取り合っていた。翌年にこのことが発覚し、除族のうえ禁錮5年の刑を受け、投獄された。

山形監獄に収容された陸奥は、せっせと妻亮子に手紙を書く一方で、自著を著し、イギリスの功利主義哲学者ベンサムの著作の翻訳にも打ち込んだ。出獄の後の明治16年(1883年)にベンサムの『Principles of Moral and Legislation(道徳および立法の諸原理)』は「利学正宗」の名で刊行されている。山形監獄が火災にあったとき、陸奥焼死の誤報が流れたが、誤報であることがわかると、明治11年(1878年)に伊藤博文が手を尽くして当時最も施設の整っていた宮城監獄に移させた。

明治16年(1883年)1月、特赦によって出獄を許され、伊藤博文の勧めもあってヨーロッパに留学する。明治17年(1884年)にロンドンに到着した陸奥は、西洋近代社会の仕組みを知るために猛勉強した。ロンドンで陸奥が書いたノートが今も7冊残されている。内閣制度の仕組みはどのようなものか、議会はどのように運営されているのか、民主政治の先進国イギリスが、長い年月をかけて生み出した知識と知恵の数々を盛んに吸収したあとがみられる。また、ウィーンではシュタインの国家学を学んだ。

政界への復帰 [編集]
明治19年(1886年)2月に帰国し、10月には外務省に出仕した。明治21年(1888年)、駐米公使となり、同年、駐米公使兼駐メキシコ公使として、メキシコ合衆国との間に日本最初の平等条約である日墨修好通商条約を締結することに成功する。

帰国後、山縣内閣の農商務大臣に就任。明治23年(1890年)、大臣在任中に第1回衆議院議員総選挙に和歌山県第1区から出馬し初当選を果たし、1期を務めた。閣僚中、唯一の衆議院議員であった。陸奥の入閣には農商務大臣としてより、むしろ第1回帝国議会の円滑な進行(今でいう国会対策)が期待された。実際に初代衆議院議長の中島信行は海援隊以来の親友であり、またかつて部下であった自由党の実力者星亨とは終生親交が厚く、このつながりが議会対策に役立っている。なお、このとき農商務大臣秘書であったのが腹心原敬である。陸奥の死後、同志であった西園寺公望・星・原が伊藤を擁して立憲政友会を旗揚げすることになる。

明治24年(1891年)に足尾銅山鉱毒事件をめぐり、帝国議会で田中正造から質問主意書を受けるが、質問の趣旨がわからないと回答を出す(二男潤吉は足尾銅山の経営者、古河市兵衛の養子であった)。同年5月成立した第1次松方内閣に留任し、内閣規約を提案、自ら政務部長となったが薩摩派との衝突で辞任した。11月、後藤象二郎や大江卓、岡崎邦輔の協力を得て日刊新聞『寸鉄』を発刊し、自らも列する松方内閣を批判、明治25年(1892年)3月、辞職して枢密顧問官となる。

外相時代 [編集]
その後、第2次伊藤内閣に迎えられ外務大臣に就任[4]。 明治27年(1894年)、イギリスとの間に日英通商航海条約を締結[5]。 幕末以来の不平等条約である治外法権の撤廃に成功する。以後、アメリカ合衆国とも同様の条約に調印、ドイツ、イタリア、フランスなどとも同様に条約を改正した。陸奥が外務大臣の時代に、不平等条約を結んでいた15ヶ国すべてとの間で条約改正(治外法権の撤廃)を成し遂げた。同年8月、子爵を叙爵する。

一方、同年5月に朝鮮で甲午農民戦争が始まると清の出兵に対抗して派兵、7月23日朝鮮王宮占拠による親日政権の樹立、25日には豊島沖海戦により日清戦争を開始、イギリス、ロシアの中立化にも成功した。この開戦外交はイギリスとの協調を維持しつつ、対清強硬路線をすすめる川上操六参謀次長の戦略と気脈を通じたもので「陸奥外交」の名を生んだ。

戦勝後は伊藤博文とともに[6]全権として明治28年(1895年)、下関条約を調印し、戦争を日本にとって有利な条件で終結させた。しかし、ロシア、ドイツ、フランスの三国干渉に関しては、遼東半島を清に返還するもやむを得ないとの立場に立たされる。日清戦争の功により、伯爵に陞爵する。

これ以前より陸奥は肺結核を患っており、三国干渉が到来したとき、この難題をめぐって閣議が行われたのは、既に兵庫県舞子で療養生活に入っていた陸奥の病床においてであった。明治29年(1896年)、外務大臣を辞し、大磯別邸(聴漁荘)[7]やハワイにて療養生活を送る。このあいだ、雑誌『世界之日本』を発刊している。

明治30年(1897年)8月24日、肺結核のため西ヶ原の陸奥邸で死去[8]。享年54(満53歳没)。墓所は大阪市天王寺区夕陽丘町にあったが、昭和28年(1953年)に鎌倉市扇ヶ谷の寿福寺に改葬された。

著作・書翰 [編集]
明治25年(1892年)から執筆を開始した『蹇々録(けんけんろく)』は、日清戦争、三国干渉の処理について記述したもので、外務省の機密文書を引用しているため長く非公開とされ、昭和4年(1929年)に初めて公刊された。明治外交史上の第一級史料である。岩波文庫ワイド版が読み易い。
昭和27年(1952年)、陸奥家は国立国会図書館に書翰と書類を寄贈している。陸奥宛書簡は伊藤博文、三条実美、山縣有朋等の主要政治家60人以上にのぼり、書類は外交関係がほとんどを占める。
エピソード [編集]
福沢諭吉の思想に影響を受け、政治嫌いの福沢が最も期待した政治家として知られる。清への強硬政策などはいずれも福沢の思想を忠実に実行したものであった。
若かりし頃の陸奥は、雑踏の中を他人とぶつかることなくすり抜けることに長けていたといわれている。
後妻の陸奥亮子は「鹿鳴館の華」「在米公使館の華」と呼ばれた美貌の女性である。
陸奥宗光が、藩閥打倒、議会制民主主義の未達成を嘆きつつ死んだ時、西園寺公望は「陸奥もとうとう冥土に往ってしまった。藩閥のやつらは、たたいても死にそうもないやつばかりだが…」と言って、周囲の見る目も痛わしいほど落胆したという。
「政治はアートなり。サイエンスにあらず。巧みに政治を行い、巧みに人心を治めるのは、実学を持ち、広く世の中のことに習熟している人ができるのである。決して、机上の空論をもてあそぶ人間ではない」と自著『蹇々録』の中で語っている。
坂本龍馬が船中八策を西郷隆盛に提示した際、「わしは世界の海援隊をやります」と発言した場に同席し非常な感銘を受け、後世ことあるごとに回想を語ったとされている。しかしこれは西郷と龍馬のやりとりも含めた後世の創作らしい。
海援隊時代の経験を買われ、横浜の生糸貿易の総元締となっている。

陸奥宗光 - Wikipedia

“きれいすぎる嫁・喜勢”マイコ、実生活でも結婚相手は「龍馬より弥太郎」希望

注目番組の視聴率

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

龍馬伝』NHK・午後8時・第23回「池田屋へ走れ」6/6

龍馬伝・話題

龍馬伝・キャスト、登場人物

★★★

龍馬伝

龍馬伝

1. 大河ドラマ「龍馬伝」
2. 龍馬伝 - Wikipedia
3. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
4. 大河ドラマ「龍馬伝」
5. 龍馬伝 - Yahoo!ニュース

★★★

)鳩山首相の辞任は「オバマ大統領の冷たい対応」、新首相は苦労人、久々の「非お坊ちゃま型」
蓮舫参院議員、少子化相へ

はやぶさ君 人気加速 13日に地球帰還

注目番組の視聴率
女優の宝生舞が芸能界引退を発表
リン・チーリン「月の恋人」で巨額損失!ドラマ全力投球でキャンセル続々―台湾
大東俊介 美肌目指して「女子みたいな会話」

posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

高杉晋作

『龍馬伝』高杉晋作役は伊勢谷友介 ドラマ出演2作目で大河に抜擢5

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

高杉晋作伊勢谷友介

高杉晋作:(たかすぎ しんさく)は、日本の武士(長州藩士)。幕末の長州藩の尊王倒幕志士として活躍。(1839年9月27日〜 1867年5月17日(満27歳没)

奇兵隊など諸隊を創設し、幕末長州藩を倒幕に方向付けた。諱は春風。通称は晋作、東一、和助。字は暢夫。号は東行。

変名を谷 潜蔵、谷 梅之助、備後屋助一郎、三谷和助、祝部太郎、宍戸刑馬、西浦松助など。のち、谷 潜蔵と改名。贈正四位(1891年(明治24年)4月8日)。

門国萩城下菊屋横丁(現・山口県萩市)に長州藩士・高杉小忠太(大組・200石)・みちの長男として生まれる。

10歳の頃に疱瘡を患う。漢学塾を経て、嘉永5年(1852年)に藩校の明倫館に入学、剣術も学ぶ。安政4年(1857年)には吉田松陰が主宰していた松下村塾に入り、安政5年(1858年)には藩命で江戸へ遊学、昌平坂学問所などで学ぶ。安政6年(1859年)には師の松陰が安政の大獄で捕らえられるとその獄を見舞うが、松陰は10月に処刑される。万延元年(1860年)11月に帰郷、防長一の美人と言われた山口町奉行井上平右衛門の次女、まさと結婚する。

文久元年(1861年)3月には海軍修練のため、藩の所蔵する軍艦丙辰丸に乗船、江戸へ渡る。8月には東北遊学を行い、佐久間象山や横井小楠とも交友する。文久2年(1862年)5月には藩命で、五代友厚らとともに、幕府使節随行員として長崎から中国の上海へ渡航、清が欧米の植民地となりつつある実情や、1854年からの民衆反乱である太平天国の乱を見聞して7月に帰国、日記の『遊清五録』によれば大きな影響を受けたとされる。

長州藩では、高杉の渡航中に守旧派の長井雅楽らが失脚、尊王攘夷(尊攘)派が台頭し、高杉も桂小五郎(木戸孝允)や久坂義助(久坂玄瑞)たちと共に尊攘運動に加わり、江戸・京師(京都市)において勤皇・破約攘夷の宣伝活動を展開し、各藩の志士たちと交流した。

文久2年(1862年)、高杉は「薩藩はすでに生麦に於いて夷人を斬殺して攘夷の実を挙げたのに、我が藩はなお、公武合体を説いている。何とか攘夷の実を挙げねばならぬ。藩政府でこれを断行できぬならば……」と論じていた。折りしも、外国公使がしばしば武州金澤(金澤八景)で遊ぶからそこで刺殺しようと同志(高杉晋作、久坂玄瑞、大和弥八郎、長嶺内蔵太、志道聞多、松島剛蔵、寺島忠三郎、有吉熊次郎、赤禰幹之丞、山尾庸三、品川弥二郎)[1]が相談した。しかし久坂が土佐の武市半平太に話したことから、これが土佐前藩主山内容堂を通して長州藩世子毛利定広に伝わり、無謀であると制止され実行に到らず、櫻田邸内に謹慎を命ぜられる。謹慎中の同志は御楯組結成の血盟書を作った。

この過程で、高杉は頼りになるのは長州の志士だけだとする長州ナショナリズムを形成し、長州藩と朝廷や他藩との提携交渉は、専ら桂や久坂が担当することとなる。文久2年12月12日には、幕府の異勅に抗議するため、同志とともに品川御殿山に建設中の英国公使館焼き討ちを行う。また、幕府の罪人として処刑された松陰の遺骨を白昼堂々小塚原から世田谷に移して会葬する。これらの過激な行いが幕府を刺激する事を恐れた藩では高杉を江戸から召還する。

文久3年(1863年)5月10日、幕府が朝廷から要請されて制定した攘夷期限が過ぎると、長州藩は関門海峡において外国船砲撃を行うが、逆に米仏の報復に逢い惨敗する。高杉は下関の防衛を任せられ、6月には廻船問屋の白石正一郎邸において身分に因らない志願兵による奇兵隊を結成し、阿弥陀寺(赤間神宮の隣)を本拠とするが、9月には教法寺事件の責任を問われ総監を罷免された。

京都では薩摩藩と会津藩が結託した宮廷クーデターである8月18日の政変で長州藩が追放され、文久4年(1864年)1月、高杉は京都進発を主張する急進派の来島又兵衛を説得するが容れられず、脱藩して京都へ潜伏する。桂小五郎の説得で2月には帰郷するが、脱藩の罪で野山獄に投獄され、6月には出所して謹慎処分となる。7月、長州藩は禁門の変で敗北して朝敵となり、来島は戦死、久坂玄瑞は自害する。8月には、イギリス、フランス、アメリカ、オランダの4カ国連合艦隊が下関を砲撃、砲台が占拠されるに至ると、晋作は赦免されて和議交渉を任される。時に高杉晋作、24歳であった。

交渉の席で通訳を務めた伊藤博文の後年の回想によると、この講和会議において、連合国は数多の条件とともに「彦島の租借」を要求してきた。高杉はほぼ全ての提示条件を受け入れたが、この「領土の租借」についてのみ頑として受け入れようとせず、結局は取り下げさせることに成功した。これは清国の見聞を経た高杉が「領土の期限付租借」の意味するところを深く見抜いていたからで、もしこの要求を受け入れていれば日本の歴史は大きく変わっていたであろうと伊藤は自伝で記している。ただし、このエピソードは当時の記録にはなく、ずっと後年の伊藤の回想に依拠しているため、真実か否かは不明である[2]。


高杉晋作(中央)と伊藤博文(右)
功山寺挙兵の銅像幕府による第一次長州征伐が迫る中、長州藩では俗論派が台頭し、10月には福岡へ逃れる。平尾山荘に匿われるが、俗論派による正義派家老の処刑を聞き、再び下関へ帰還。12月15日夜半、伊藤俊輔(伊藤博文)率いる力士隊、石川小五郎率いる遊撃隊ら長州藩諸隊を率いて功山寺で挙兵。後に奇兵隊ら諸隊も加わり、元治2年(1865年)3月には俗論派の首魁椋梨藤太らを排斥して藩の実権を握る。同月、海外渡航を試みて長崎でイギリス商人グラバーと接触するが、反対される。4月には、下関開港を推し進めたことにより、攘夷派・俗論派に命を狙われたため、愛妾・おうの(後の梅処尼)とともに四国へ逃れ、日柳燕石を頼る。6月に桂小五郎の斡旋により帰郷。

慶応元年(1865年)1月11日付で晋作は高杉家を廃嫡されて「育(はぐくみ)」扱いとされ、そして同年9月29日、藩命により谷 潜蔵と改名する。慶応3年(1867年)3月29日には新知100石が与えられ、谷家を創設して初代当主となる。

さらに慶応2年(1866年)1月21日(一説には1月22日)、土佐藩の坂本龍馬・中岡慎太郎・土方久元を仲介として、晋作も桂小五郎・井上聞多・伊藤俊輔たちと共に進めていた薩長盟約が京都薩摩藩邸で結ばれる。

5月には伊藤俊輔とともに薩摩行きを命じられ、長崎で丙寅丸(オテントサマ丸)を単独購入。

6月の第二次長州征伐(四境戦争)では海軍総督として丙寅丸に乗り込み、周防大島沖に停泊する幕府艦隊を夜襲してこれを退け、林半七率いる第二奇兵隊等と連絡して周防大島を奪還。小倉方面の戦闘指揮では、まず軍艦で門司・田ノ浦の沿岸を砲撃させた。その援護のもと奇兵隊・報国隊を上陸させ、幕軍の砲台、火薬庫を破壊し幕府軍を敗走させた。その後さらに攻勢に出るも小倉城手前で肥後藩の猛反撃に合い、一時小康状態となる。 しかし、幕府軍総督小笠原長行の臆病な日和見ぶりに激怒した幕府軍諸藩が随時撤兵し、7月には将軍徳川家茂の死去の報を受けた小笠原がこれ幸いと戦線を離脱したため幕府敗北は決定的となり、この敗北によって幕府の権威は大きく失墜し、翌慶応3年(1867年)11月の大政奉還への大きな転換点となった。しかし、晋作自身は、肺結核のため桜山で療養生活を余儀なくされ、慶応3年(1867年)4月14日、江戸幕府の終了を確信しながらも大政奉還を見ずしてこの世を去る(享年27)。臨終には、父・母・妻と倅がかけつけ、野村望東尼と山県狂介、田中顕助が立ち会ったとされるが、田中の残した日記によれば、彼はその日京におり、詳細は定かではない。墓所は山口県下関市。

なお、木戸孝允・大村益次郎らによって、現在の靖国神社に、東京招魂社時代の始めから吉田松陰・久坂玄瑞・坂本龍馬・中岡慎太郎たちと共に表彰・鎮魂され、祀られている。

辞世の句:「おもしろき こともなき世を おもしろく」
下の句は看病していた野村望東尼が「すみなすものは心なりけり」とつけたと言われている。しかし、この句は前年にすでに読んでいたという記録も残っており、正確ではないという説もある。
都々逸「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」は一般に晋作の作であると言われている(木戸孝允作の説も有り)。この都々逸は、現在でも萩の民謡である「男なら」や「ヨイショコショ節」の歌詞として唄われている。
顕彰碑には「動けば雷電の如く発すれば風雨の如し、衆目駭然、敢て正視する者なし。これ我が東行高杉君に非ずや…」 とある。これは伊藤博文が高杉晋作を評した言葉である。
高杉は長身ではなく小柄であり本人もそれを気にしていたため直立して撮った写真は現存しない。また小柄ではあったが長刀を好んで愛用していた。その姿は刀が長いため引きずって歩いているように見えたという。
師である吉田松陰は高杉の非凡さを逸早く見抜き、剣術ばかりであまり学業に本腰を入れない高杉を奮起させるためあえて、同門で幼馴染でもある優秀な久坂ばかりをべた褒めしたという。高杉は悔しさをバネに自身の非凡さを発揮。久坂と肩を並べお互いを切磋琢磨しあうなどとても優秀であったという。
公金と私金の区別がつかない(つけない?)人物だった。
一度日本に駐在していた英国人兵に頼まれ刀を見せた事があったが、武士の魂ともいえる刀を物めずらしいと何度も見せてくれと言われその事を遺憾に感じた高杉はそれ以後決して見せる事は無かったという。
高杉が上海で購入したピストルが、坂本龍馬に贈られたという

高杉晋作 - Wikipedia

. 高杉晋作の生涯(高杉晋作と吉田松陰)
. 高杉 晋作
. 幕末歴史探訪 高杉晋作

★★★

元極楽とんぼ山本圭一氏 愉快なサーフィン指導員に
嵐で人気No.1は櫻井翔 No.2は相葉雅紀
離婚してしまって残念な有名人カップルランキング

★★★

もっちり食感がたまらない 米粉パン じわり人気
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

横井小楠

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

龍馬伝・第20話「収二郎、無念」

★★★

横井小楠
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

横井小楠殉節地、京都市中京区寺町丸太町下る東側横井 小楠(よこい しょうなん、文化6年8月13日(1809年9月22日) - 明治2年1月5日(1869年2月15日))は日本の武士・熊本藩士、儒学者。同志社第3代総長で政治家の横井時雄は長男。本姓は平氏。

文化6年(1809年)、肥後熊本(現在の熊本県)に、熊本藩藩士の次男として生まれる。「小楠」は、彼が使った号の一つ。諱は「時存」(「ときひろ」「ときあり」)であり、正式な名のりは平時存(たいら の ときひろ/ときあり)。通称は「平四郎」で、北条平四郎時存、北条四郎平時存ともいう。

横井家は桓武平氏北条氏嫡流得宗家に発する。北条高時の遺児北条時行の子が尾張国愛知郡横江村に住し、時行4世孫にあたる横江時利の子が、横井に改めたのがはじまり。時利の子は横井時永といい、その子孫は時勝、時延、時泰、時安---と続いた。北条氏の子孫として代々祖先の通字であった「時」の字を名乗りに用いる。

小楠は私塾「四時軒」(しじけん)を開き、多くの門弟を輩出した。また、坂本龍馬や井上毅など、明治維新の立役者やのちの明治新政府の中枢の多くもここを訪問している。元治元年(1864 年)2月に熊本で龍馬は横井小楠を訪ね、横井小楠はのちの龍馬の船中八策の原案となる『国是七条』を説いた。

松平春嶽の政治顧問として招かれ、福井藩の藩政改革、さらには幕府の政事総裁職であった春嶽の助言者として幕政改革にかかわる。

明治元年(1868年)、新政府に参与として出仕するが、翌年参内の帰途、十津川郷士らにより、京都寺町通丸太町下ル東側(現在の京都市中京区)で暗殺される。享年61。殺害の理由は「横井が開国を進めて日本をキリスト教化しようとしている」といった事実無根なものであったと言われている。しかも弾正台の古賀十郎ら新政府の開国政策に不満を持つ保守派が裁判において横井が書いたとする『天道覚明書』という偽書を作成して横井が秘かに皇室転覆を企てたとする容疑で告発するなど、大混乱に陥った。紆余曲折の末、実行者であった十津川郷士ら4名が明治3年に処刑される事となった。

鎖国体制・幕藩体制を批判し、それに代わり得るあたらしい国家と社会の構想を「公共」と「交易」の立場から模索した。

小楠は、「公共」性・「公共」圏を実現するために、「講習討論」「朋友講学」といった身分階層を超えた討議を政治運営のもっとも重要な営為として重視した。また、「交易」を重視する立場から、外国との通商貿易をすすめ、産業の振興をも「交易」として捉えて国内における自律的な経済発展の方策を建議し、そのために幕府・藩を越えた統一国家の必要性を説いた。

体系的に小楠の国家論が提示された文書として、万延元年(1860年)に越前福井藩の藩政改革のために執筆された「国是三論」がある。そのほか、学問と政治のむすびつきを論じた嘉永5年(1852年)執筆の「学校問答書」、ペリーやプチャーチンへの対応についての意見書である嘉永6年(1853年)執筆の「夷虜応接大意」、元治元年(1864年)の井上毅との対話の記録「沼山対話」、慶応元年(1865年)の元田永孚との対話の記録「沼山閑話」などがある。

共和制(大統領制)の事を「尭舜の世(禅譲)」と評した事でも知られる。

横井小楠 - Wikipedia

横井小楠(熊本歴史・人物) 横井小楠
横井小楠
横井小楠 | 近代日本人の肖像
徳永洋『横井小楠―維新の青写真を描いた男―』|新潮社
旅行記 ・横井小楠を訪ねて ? 熊本市
横井小楠記念館

ラベル:龍馬伝 横井小楠
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

勝海舟(武田鉄矢)

勝海舟役の武田鉄矢ほえる「龍馬役やりてえ〜」

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

龍馬伝NHK・午後8時・第14回「お尋ね者龍馬」4/4

勝海舟(武田鉄矢):幕臣・軍艦奉行。幕府ではなく日本全体による海軍の必要性を説いた。坂本龍馬福山雅治)の人柄を気に入り、神戸に海軍塾を開いたときには、坂本龍馬福山雅治)を塾頭に就かせた

勝海舟 / 勝 安芳(かつ かいしゅう / かつ やすよし)は、江戸時代末期から明治期にかけての幕臣、政治家。位階勲等は正二位勲一等伯爵。(1823から1899)

幼名および通称は麟太郎(りんたろう)。本名義邦 (よしくに)、維新後改名して安芳。これは幕末に武家官位である「安房守」を名乗ったことから勝 安房(かつ あわ)として知られていたため、維新後は「安房」を避けて同音(あん−ほう)の「安芳」に代えたもの。勝本人は「アホウ」とも読めると言っている。海舟は号で、佐久間象山から受領の篆刻「海舟書屋」からとったものである。

父は旗本小普請組(41石)の勝小吉、母は信。幕末の剣客・男谷信友は従兄弟に当たる。海舟も10代の頃は剣術修行に多くの時間を費やしている。家紋は丸に剣花菱。

山岡鉄舟・高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。明治6年には福澤諭吉らの明六社に参加(勝安芳)。 1887年に哲学館(現:東洋大学)を創設した井上円了と親交があり、多くの寄付をしているため、「哲学館の三恩人」の一人と呼ばれている。

また、専修学校(現:専修大学)の繁栄にも尽力し、専修学校に「律増甲乙之科以正澆俗 礼崇升降之制以極頽風」という有名な言葉を贈って激励・鼓舞した

文政6年(1823年)、江戸本所亀沢町[1]の生まれ。父・小吉の実家である男谷家で誕生した[2]。

曽祖父・銀一は、越後国三島郡長鳥村[3]の貧農の家に生まれた盲人であった。江戸へ出て高利貸し(盲人に許されていた)で成功し巨万の富を得、検校の位を買い、米山検校を名乗った。銀一の子・平蔵は、御家人株を入手して男谷家を興した。男谷家は後に旗本に昇進した。その三男が海舟の父・勝小吉である。小吉は三男であったため、男谷家から勝家に養子に出された。勝家は小普請組という無役で小身の旗本である。勝家は天正3年(1575年)以来の御家人であり、系譜上海舟の高祖父に当たる命雅(のぶまさ)が宝暦2年(1752年)に累進して旗本の列に加わったもので、古参の幕臣であった。

幼少時、男谷の親類・阿茶の局の紹介で11代将軍徳川家斉の孫初之丞(後の一橋慶昌)の遊び相手として江戸城へ召されている。一橋家の家臣として出世する可能性もあったが、慶昌が早世したためその望みは消えることとなる。

生家の男谷家で7歳まで過ごした後は、赤坂へ転居するまでを本所入江町(現在の墨田区緑4-24)で暮らした

剣術は、実父小吉の本家で従兄弟の男谷精一郎の道場、後に精一郎の高弟島田虎之助の道場[4]で習い、直心影流の免許皆伝となる。師匠の虎之助の勧めにより禅も学んだ。

蘭学は、江戸の蘭学者・箕作阮甫に弟子入りを願い出たが断られたので、赤坂溜池の福岡藩屋敷内に住む永井青崖に弟子入りした。弘化3年(1846年)には住居も本所から赤坂田町に移る[5]。 この蘭学修行中に辞書『ドゥーフ・ハルマ』を1年かけて2部筆写した有名な話がある。1部は自分のために、1部は売って金を作るためであった。この時代に蘭学者佐久間象山の知遇を得た[6]。 象山の勧めもあり西洋兵学を修め、田町に私塾(蘭学と兵法学)を開いた[7]。

嘉永6年(1853年)、ペリー艦隊が来航(いわゆる黒船来航)し開国を要求されると、老中首座の阿部正弘は幕府の決断のみで鎖国を破ることに慎重になり、海防に関する意見書を幕臣はもとより諸大名から町人に至るまで広く募集した。これに勝も海防意見書を提出した。勝の意見書は阿部正弘の目にとまることとなる。そして幕府海防掛だった大久保忠寛(一翁)の知遇を得たことから念願の役入りを果たし、勝は自ら人生の運を掴むことができた。

その後、長崎の海軍伝習所に入門した。伝習所ではオランダ語がよくできたため教監も兼ね、伝習生と教官の連絡役も果たした。このときの伝習生には矢田堀景蔵、永持亨次郎らがいる。長崎に赴任してから数週間で聴き取りもできるようになったと本人が語っている。そのためか、引継ぎの役割から第一期から三期まで足掛け5年間を長崎で過ごす[8]。

この時期に当時の薩摩藩主島津斉彬の知遇をも得ており、後の海舟の行動に大きな影響を与えることとなる
本史上稀代の外交手腕と慧眼を備えた政治家・戦略家・実務家と評し心酔するファンがいる一方、理科系の教養に暗く[23]、大言壮語する成り上がりとして非常に毛嫌いする人も旧幕時代からいた。

坂本龍馬の文久3年の姉(乙女)宛ての手紙には「今にては日ノ本第一の人物勝麟太郎という人に弟子になり」とあり、西郷隆盛も大久保利通宛ての手紙で「勝氏へ初めて面会し候ところ実に驚き入り候人物にて、どれだけ知略これあるやら知れぬ塩梅に見受け申し候」、「英雄肌で、佐久間象山よりもより一層、有能であり、ひどく惚れ申し候」と書いている等、龍馬や西郷のような無私の人物からは高く評価されていたことがわかる。

福沢諭吉の『痩我慢の説』は福沢の持論の立国論が根本にあるが、名指しで勝と榎本武揚を新政府に仕えた「やせ我慢」をせぬものと批判している。何度となく要請されても在野にあった福沢だが、同時に屁理屈や大言壮語、道理に合わない点は老齢となってからも受け付けなかった点もある(10分は水に潜っていられると友人に語った学生の言尻を捉えて洗面器をもってきて顔をつけさせ誤りを認めさせた等)。『福翁自伝』でも勝に批判的なことからウマの合う合わないの点も推察される。

死の3日後、氷川邸に勅使がきて勅語を賜ったが、この勅語が人物評価の参考になるかもしれない。

幕府ノ末造ニ方リ体勢ヲ審ニシテ振武ノ術ヲ講シ皇運ノ中興ニ際シ旧主ヲ輔ケテ解職ノ実ヲ挙ク爾後顕官ニ歴任シテ勲績愈々彰ル今ヤ溘亡ヲ聞ク曷ソ軫悼ニ勝ヘン茲ニ侍臣ヲ遣シ賻賵ヲ齎シテ以テ弔慰セシム

語録
自分の価値は自分で決めることさ。つらくて貧乏でも自分で自分を殺すことだけはしちゃいけねぇよ。
オレは、(幕府)瓦解の際、日本国のことを思って徳川三百年の歴史も振り返らなかった
やるだけのことはやって、後のことは心の中でそっと心配しておれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ。(日本の行く末等を心配している人たちに)
文明、文明、というが、お前ら自分の子供に西欧の学問をやらせて、それでそいつらが、親の言うことを聞くかぇ?ほら、聞かないだろう。親父はがんこで困るなどと言ってるよ。
敵は多ければ多いほど面白い。(勝自身も、生きている間は無論、亡くなってからも批判者が多いことは、十分に理解していた)
我が国と違い、アメリカで高い地位にある者はみなその地位相応に賢うございます。(訪米使節から帰還し、将軍家茂に拝謁した際、幕閣の老中からアメリカと日本の違いは何か、と問われての答弁)
ドウダイ、鉱毒はドウダイ。山を掘ることは旧幕時代からやって居たが、手の先でチョイチョイ掘って居れば毒は流れやしまい。海へ小便したって海の水は小便になるまい。今日は文明だそうだ。元が間違っているんだ。(足尾銅山の公害が明白になってもなお採掘を止めない政府に対して)
今までは人並みなりと思ひしに五尺に足りぬ四尺(子爵)なりとは(当初は子爵の内示だったが、左記の感想を述べ辞退、のちに伯爵を授爵した)
コレデオシマイ (亡くなるときの最後の言葉)

逸話
トラウマ
9歳の頃狂犬に睾丸を噛まれて70日間(50日間とも)生死の境を彷徨っている(「夢酔独言」)。このとき父の小吉は水垢離(みずごり)をして息子の回復を祈願した。これは後も勝のトラウマとなり、犬と出会うと前後を忘れてガタガタ震え出すほどであったという[24]。
福澤諭吉との関係
木村摂津守の従者という肩書きにより自費で咸臨丸に乗ることができた福沢諭吉は、船酔いもせず病気もしなかった。一方、勝は伝染病の疑いがあったため自室に篭り切り、艦長らしさを発揮できなかった。福澤はそれをただの船酔いだと考えていたようで、勝を非難する格好の材料としている。
海舟批判書状の『痩我慢の説』への返事
「自分は古今一世の人物でなく、皆に批評されるほどのものでもないが、先年の我が行為にいろいろ御議論していただき忝ないとして、「行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張、我に与らず我に関せずと存候。」(世に出るも出ないも自分がすること、それを誉める貶すは他人がすること、自分は預かり知らぬことと考えています。)
咸臨丸の実情
和船出身の水夫が60人。士分にはベッドが与えられていたが水夫は大部屋に雑魚寝。着物も布団もずぶ濡れになり、航海中晴れた日は僅かで乾かす間もなかった。そのため艦内に伝染病が流行し、常時14、5人の病人が出た(今でいう悪性のインフルエンザか)。サンフランシスコ到着後には、3人が死亡、現地で埋葬された。ほかにも7人が帰りの出港までに完治せず、現地の病院に置き去りにせざるを得なかった。病身の7人だけを残すのが忍びなかったのか、水夫の兄貴分だった吉松と惣八という2名が自ら看病のため居残りを申し出た。計9人の世話を艦長の勝海舟はブルックスという現地の貿易商に託し、充分な金も置いていった。ブルックスは初代駐日公使ハリスの友人で、親日家だった。

勝海舟 - Wikipedia

1. 勝海舟
2. 幕末維新新選組 勝海舟

龍馬伝・話題
龍馬伝・キャスト、登場人物

1. 武田鉄矢 - Wikipedia

2. 武田鉄矢公式サイト
3. Amazon.co.jp: お?い!竜馬 11 霜月 (ビッグコミックス ...

武田鉄矢が勝海舟に扮し福山龍馬とタッグ
2010年4月2日(金)15時30分配信 日刊スポーツ

 タレント武田鉄矢(60)が2日、都内で、勝海舟役で出演するNHK大河ドラマ「龍馬伝」(日曜午後8時)の会見に出席し「わが人生の先生商売に悔いはございません」と語った。民放ドラマの影響で、中学生からは金八先生と呼ばれ、人間ドックに行けば看護師から緒方洪庵先生と呼ばれ、福山龍馬からは勝海舟先生と呼ばれているという。武田は「先生人生の上がりのつもりで取り組んでいる」と意気込みを語った。家族からは「福山龍馬はかっこいいけど、パパは暑苦しい」と言われているという。

続きを読む
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

岡田以蔵

岡田以蔵は、1838年、土佐の郷士の子に生まれた。武市半平太に憧れ、小野派一刀流剣術を習得。その後、江戸で鏡心明智流剣術、豊か後で直指流剣術を学ぶ

その腕を半平太に見込まれ、土佐藩郷廻り・井上佐市郎を暗殺。

ここから人斬り以蔵としての人生をスタートさせる

薩摩藩・田中新兵衛と中村半次郎、肥後藩・河上彦斎と並ぶ「幕末四大人斬り」として恐れられた以蔵は、土佐勤皇党に加盟したが、加盟者名簿には記載されず、裏方に徹する。

しかし「人斬り以蔵」に待っているのは末路である

★★★

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

岡田以蔵佐藤健):土佐藩・下士。龍馬の幼馴染。武市半平太大森南朋)を慕い、武市道場で犬剣術を学ぶ。後に京都で「人斬り以蔵」と恐れられる

岡田以蔵(おかだいぞう、天保9年(1838年) - 慶応元年5月11日(1865年6月4日))は、土佐の郷士で土佐勤王党に加わった幕末四大人斬りの一人。「人斬り以蔵」と呼ばれた。諱は宜振(よしふる

香美郡岩村に二十石六斗四升五合の郷士岡田義平の長男として生まれる。弟に同じく勤皇党に加わった岡田啓吉がいる。嘉永元年(1848年)、土佐沖に現れた外国船に対する海岸防備のために父義平が藩の足軽として徴募され、そのまま城下の七軒町に住むようになり、以蔵自身はこの足軽の身分を継いでいる。

武市瑞山(半平太)に師事し小野派一刀流剣術を学ぶ。武市の門を叩く前にも、我流ながらかなりの剣術の腕前であった。武市に従い江戸に出て、鏡心明智流剣術を桃井春蔵の道場・士学館で学ぶ。

万延元年(1860年)、武市に従って中国、九州で武術修行する。その途中、豊後岡藩にとどまり直指流剣術を学ぶ。その後、武市の結成した土佐勤王党に加盟。しかし、なぜか後に名簿から削られている。武市の意向なのか分からないが、暗殺の現場には、武市の指示に従って進んで出ている。武市が、教養の無い以蔵を、ただ単に暗殺の道具として使ったともいわれている。

土佐藩下目付けの井上佐一郎をはじめ、同志の本間精一郎や池内大学、森孫六・大川原重蔵・渡辺金三・上田助之丞などの京都町奉行の役人や与力、長野主膳(安政の大獄を指揮した)の愛人 村山加寿江の子多田帯刀などを天誅と称して暗殺(村山加寿江は橋に縛りつけられ生き晒しにされた)。薩摩の田中新兵衛と共に「人斬り以蔵」と呼ばれ恐れられた。

八月十八日の政変後、勤王党は失速。武市が土佐に戻ると以蔵は土井鉄蔵と名を変え、一人京都に潜伏した。しかし元治元年(1864年)6月頃、幕吏に捕えられ入墨のうえ京洛追放、と同時に土佐藩吏に捕われ国もとへ搬送される。土佐藩では吉田東洋暗殺・京洛における一連の暗殺について土佐勤王党の同志がことごとく捕らえられ、上士格の武市瑞山を除いて厳しい拷問を受けた。以蔵も過酷な拷問に耐えたが、遂に全てを白状し、慶応元年(1865年)5月11日に打ち首、晒し首となった。辞世の句は「君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後ぞ 澄み渡るべき 」。

墓所は高知県高知市薊野駅近郊の山中にある累代墓地。俗名・岡田宣振として埋葬されている

岡田以蔵の事績については同時代資料も本人の書簡なども乏しいが、その性格・性質についてはいくつかの資料によって伺うことが出来る。

『土佐偉人伝』(寺石正路)によれば、「性質は剛勇で武技を好み、非常に逞しい体躯を持った巨漢」であった。もっとも同書は皇国史観に伴って幕末勤皇志士が持てはやされた大正10年(1921年)に記された本であり、いささか美化された感もあるとされる。

最近の研究では実際には性格は粗く酒色を好んだとされ、殊に晩年は土佐勤王党の仲間からさえ疎まれていたようである。以蔵が捕縛されたと知った武市半平太は、実家への手紙で「あのような安方(あほう)は早々と死んでくれれば良いのに、おめおめと国許へ戻って来て、親がさぞかし嘆くであろう」と、以蔵に良い感情を持っていなかったことが伺われる。以蔵はまた、家が七軒町にあったことから「七以」と軽蔑的に呼ばれていたことも、田内恵吉(武市の実弟)などの書簡として伝えられる。

一説によれば、以蔵の捕縛を知った武市は彼の自白によって他の同志が危険に晒されるのを恐れ、自分に心酔した牢役人を通じて以蔵に毒を盛ろうとしたとさえ言われている。これは小説をはじめ広く知られるエピソードで、それらによればこの際、武市は性根の弱い以蔵が拷問に簡単に屈してしまうと心配したとか、以蔵が軽輩故に他の同士より一層激しく耐え難い拷問に遭うであろうと予想した、また、毒を送られた以蔵はそれを(毒とは知らずに)服んだが死なず拷問に屈して白状したとか、毒を見破って憤りのあまり自白に及んだなどと様々に解釈されている。

こうした点が、武市から見た以蔵が「ただの暗殺の道具」に過ぎなかったのではないか、とされる所以である。以蔵が晩年、武市らから冷遇されていた理由について諸書の記述によれば、他の同志より身分が低く教養が無いことによる差別的感情、彼が手がけた数々の暗殺が露見することにより他の同志に累が及ぶ危機感、彼が自刃してしまえばその露見が防げるにも拘らず彼自身がそれを行わなかったことに対する焦燥感や怒り、さらに“尊王攘夷・倒幕”を旨とする土佐勤王党に属しながら“開国派・幕臣”の勝海舟らの護衛を行うなどした(後述)ことにより“剣術こそ強いが確固たる思想・信念を持たぬ者”として軽蔑されたこと、などが原因ではないかと考えられている。

後に、岡田以蔵が所有していたとされるピストルが発見され、2006年7月1日より8月31日にかけ、高知県立坂本龍馬記念館の催し『それぞれの幕末‐龍馬・半平太・そして以蔵』にて展覧された。同館の説明によればこれはフランス製で、勝海舟より贈られた物だという。ちなみに「ピストル」とは公開の折に称されたものだが、厳密には回転式短銃(リボルバー)である。なお、当該短銃は個人所有の物を借用し公開された。

また、これとは別に中浜万次郎が護衛を受けた際に自らの短銃を以蔵に託そうとしたが受け取らなかったとの伝承もある。ただ、以蔵がこれら短銃を使用した記録は無く、詳細は不明である。

『岡田以蔵の写真』として出回っているものがあるが、その多くは岡田井蔵(おかだせいぞう)のものである。実際の以蔵をモデルとした写真や肖像は現存しない。

岡田以蔵 - Wikipedia
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

龍馬伝★吉田東洋(よしだとうよう:田中泯)

大河「龍馬伝」で抜群の存在感を見せつける意外な脇役たち

◆「わしは何を言ってもええがじゃ。天才じゃき。そのうちわしはまた参政に返り咲く。わしがいかに有能かお殿様はわかっている。こんな人間はなにをしてもええがじゃ・・おぬしは何ものか、おぬしになにができるか。なんの力もないもんは黙っているしか仕方がなkがじゃ。これが世の中ぜよ。」)NHK大河ドラマ『龍馬伝』第8回「弥太郎の涙」(2/21)

★★★

龍馬伝にも登場、弥太郎・母「へそくりつぼ」発見
『龍馬伝』新キャスト発表! トータス松本がジョン万次郎役でNHKドラマ初出演

★★★

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

龍馬伝』NHK・午後8時・NHK大河ドラマ『龍馬伝』第6回「松陰を捜せ」(2/7)21.2%

吉田東洋(よしだとうよう吉田元吉 → 吉田東洋):田中泯:文化13年(1816年) - 文久2年4月8日(1862年5月6日))は、日本の武士・土佐藩士、政治家。土佐藩参政。父は土佐藩馬廻役吉田光四郎正清、母は吉田正幸の娘。室は藩士後藤氏の娘。東洋は号で、諱は元吉。幼名は郁助、通称は官兵衛、字は正秋。後藤象二郎は甥に当たる。

城下の帯屋町にて、土佐藩士吉田正清(200石)の四男に生まれる。兄が早世し、文政6年(1823年)に嗣子となる。天保8年(1837年)、口論から家僕を殺害して篭居する。天保12年(1841年)、父の正清が死去により家督を相続する。翌天保13年に出仕し、9月に船奉行に登用、同年11月には郡奉行に転身して民政に携わる。土佐藩主山内豊熈の進める藩政改革に取り組み、飢饉に備えて藩営の済営倉の設立を進言する。弘化2年(1845年)には病のため、役を退いて療養。弘化4年(1847年)に再出仕。人事や法令改正、海防などの意見書をまとめ、「時事五箇条」として上程している。

嘉永元年(1848年)には藩主豊熈が死去し、12月に役を退く。嘉永4年(1851年)には近畿地方を遊歴し、国学者の鹿持雅澄、伊勢の漢学者斉藤拙堂など諸国の学者を訪ねて師事し、江戸に出て藤田東湖・塩谷宕陰・安井息軒らと親交を結ぶ。剣術は一刀流・大石神影流を学ぶ。土佐藩主山内容堂から参政に起用され、富国強兵論などを主張した藩政改革を行うが、保守派の反対にあい免職。後に情勢が変化した後復職し、門閥政治打破・流通機構の統制強化・洋式兵器の採用などの改革を行なうが、尊皇攘夷を唱える土佐勤王党の那須信吾・大石団蔵・安岡嘉助に暗殺される。

東洋死後のある日、酒の席で山内容堂が家臣に「俺は戦国武将で言えば誰に似てるか?」と尋ねた。家臣が「恐れながら毛利元就」と答えると、容堂は寂しそうに「東洋なら、織田信長と答えただろう」と言ったという。

吉田東洋 - Wikipedia

吉田東洋‐みねうち道高知県歴史人物
吉田東洋と山内家
土佐藩
吉田 東洋

吉田東洋と山内家
吉田東洋‐みねうち道高知県歴史人物
吉田 東洋
吉田東洋受難の地
後藤象二郎
土佐藩
吉田東洋 - Yahoo!百科事典
吉田東洋 とは - Weblio辞書

田中泯(たなか みん、1945年3月10日 - )は日本の舞踏家、俳優。モダンダンスを学んだ後、土方巽に私淑。俳優としては、映画『たそがれ清兵衛』で第26回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞・新人俳優賞を受賞した。

1945年 東京に生まれる。
1963年 東京都立武蔵高等学校卒業。
1965年 東京教育大学を中退。
1978年 身体気象研究所を創設。
1979年 舞踊批評家協会賞受賞。
1981年 舞踊団「舞塾(まいじゅく)」結成。
1982年 西独・ミュンヘン演劇祭最優秀パフォーマンス賞受賞。
1985年 山梨県白州町(現・北杜市)に身体気象農場開設。
1990年 フランス政府より芸術文化騎士章受勲。
1995年 舞踊批評家協会賞、サントリー地域文化賞受賞。 山梨県白州町に舞踊資源研究所/花水を設立。
1996年 日本税理士会地域文化賞受賞。
1997年 山梨県敷島町(現・甲斐市)にて舞踊資源研究所/本村設立。国際共同制作シリーズ日本で6作上演。
1998年 舞踊批評家協会賞受賞。
2000年 「桃花村舞踊団」および農事組合法人桃花村を同時に結成。
2001年 日本現代藝術振興賞受賞。
2007年 油谷勝海監督により、田中を主人公としたダンス・ロード・ムービーである『ウミヒコヤマヒコマイヒコ』が制作・公開される。
2008年 横浜トリエンナーレ2008にアーティストとして参加。

映画
たそがれ清兵衛(松竹、2002年) - 余吾善右衛門 役
隠し剣 鬼の爪(松竹、2004年) - 戸田寛斎 役
メゾン・ド・ヒミコ(アスミック・エース、2005年) - 卑弥呼(吉田照男)役
地下鉄に乗って(松竹、2006年) - 野平先生 役
鉄コン筋クリート(アスミック・エース、2006年) - ネズミ(鈴木)役
ウミヒコヤマヒコマイヒコ(2007年)
ヘブンズ・ドア(アスミック・エース、2009年) - 辺見 役

テレビ
ハゲタカ(NHK、2007年) - 加藤幸夫 役
大河ドラマ『龍馬伝』(NHK、2010年) - 吉田東洋 役

田中泯 - Wikipedia



★★★

NHK大河ドラマ『龍馬伝』第5回「黒船と剣24.4%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第4回「江戸の鬼小町」23.4%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第3話「偽手形の旅」(1/17)22.6%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第2話「大器晩成」(1/10)21.0%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』(1/3)視聴率23.2%

NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物

★★★

龍馬伝

『龍馬伝』効果現れず!! ミュージシャン・福山雅治のセールス伸び悩み

幕末の偉人・吉田松陰を演じた俳優が見せたこだわりとは?
龍馬だけじゃない!“明治維新の先駆者”吉田松陰の生き様に注目

グループの始祖岩崎弥太郎が「汚すぎる」NHK大河ドラマ「龍馬伝」に「三菱」がブーイング


龍馬伝

1. 大河ドラマ「龍馬伝」
2. 龍馬伝 - Wikipedia
3. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
4. 大河ドラマ「龍馬伝」
5. 龍馬伝 - Yahoo!ニュース

★★★

玉置宏さんが脳幹出血で死去 後日「お別れの会」
口コミ効果だ!アバター国内興収100億突破

草なぎ主演5夜連続ドラマ、膨大なセリフに悲鳴
田中麗奈がNHK「トップランナー」で初MC!

【オリコン“本”】生田斗真効果? 『人間失格』が文庫部門初のTOP5入り
映画「人間失格」主演の生田斗真「太宰文学の敷居の高さをゆるめるのが自分の役割」

生田斗真の自信作完成! 室井滋と三田佳子が大胆予告

黒木瞳 また連ドラ主役を張るカラクリ
朝ドラ惨敗女優・多部未華子を待ち受ける、初主演舞台『農業少女』の“アクの強い”共演者たち!
若手AD」表舞台で大活躍 「堀くん」はバラエティ出演
V6解散! 解散で売れるメンバーと売れないメンバー
岸部一徳この人物のオモテとウラ 岸部一徳

恒例「第23回 サラリーマン川柳」100選 〜“事業仕分け”から“こども店長”まで流行語ネタが勢揃い


★★★

posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土佐藩・下士、武市半平太

大河「龍馬伝」で抜群の存在感を見せつける意外な脇役たち

NHKにやられっぱなしの民放は出色のデキ「龍馬伝」をマネしたら
“福山龍馬”に反響の声、『龍馬伝』プロデューサーも「狙い通り」と自信

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

武市道場:文武にすぐれた武市半平太が土佐で開いた剣術道場。龍馬をはじめ、身分の低い下士の師弟が集まり、けいこを励む。岡田以蔵ら剣に秀でた人材が育っていった

武市半平太大森南朋):坂本龍馬福山雅治)の幼馴染。面倒見がよく仲間に兄貴分と慕われる。
後に、攘夷を叫ぶ土佐勤皇党を結成

武市瑞山
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(武市半平太 から転送)

武市瑞山(たけち ずいざん、文政12年9月27日(1829年10月24日) - 慶応元年閏5月11日(1865年7月3日))は、日本の武士・土佐藩郷士。

土佐勤王党の盟主。通称は半平太であり、武市半平太たけち はんぺいた)と呼称されることも多い。

幼名は鹿衛、諱は小楯(こたて)。瑞山は号。変名は柳川左門。後に柳川左門と変名した際は、吹山を雅号とした。位階は贈正四位(1891年(明治24年)4月8日)。

父は土佐藩郷士の武市正恒、母は大井氏の娘。瑞山はその長男。妻は土佐藩郷士島村氏の娘の富子。子女はなし。坂本龍馬とは遠縁にあたる。

高知市にある瑞山の旧宅と墓所は国の史跡に指定されている。

土佐国吹井村(現在の高知県高知市仁井田)に生まれる。武市家はもともと土地の豪農であったが瑞山より5代前の半右衛門が享保11年(1726年)に郷士に取り立てられた家である。文政5年(1822年)には白札に昇格した。「白札」とは身分としては郷士だが、当主は上士に準ずるといったあつかいである。

嘉永2年(1849年)、城下の新町で剣術道場を開く。なお、この道場の門下には中岡慎太郎、岡田以蔵等もおり、後の土佐勤王党の母体となる。安政3年(1856年)、江戸へ出て鏡心明智流の桃井春蔵に学び、塾頭となる。江戸では桂小五郎、久坂玄瑞、高杉晋作など尊皇攘夷派の長州藩士とも交流する。

文久元年(1861年)、一藩勤皇を掲げて坂本龍馬、吉村寅太郎、中岡慎太郎らの同士を集めて、江戸にて土佐勤王党を結成、2年後には192名が連判に参加。

文久2年(1862年)には、藩主山内豊範への進言を退けた土佐藩参政で開国・公武合体派の吉田東洋暗殺を指令(実行犯は、那須信吾、大石団蔵、安岡嘉助)。暗殺後東洋派重臣を藩の要職から追放し、新たに要職に就いた守旧派を傀儡として藩政の実権を掌握。藩主山内豊範を奉じて京に進出する。上洛後は藩の他藩応接役として他藩の志士たちと関わる一方で、幕府に対して攘夷実行を命じる勅使を江戸に派遣するための朝廷工作に奔走する。これらの動きが功を奏し朝廷が攘夷の朝議を決した際、一橋慶喜がこれをくつがえそうと入京を画策したが、武市は裏工作によりこれを一時妨害することに成功している。京では数々の佐幕派暗殺に関与し、天誅、斬奸と称して刺客を放ち、政敵を暗殺させた(武市の下で動いた人物では、岡田以蔵、薩摩藩の田中新兵衛が有名)。同年秋には朝廷から幕府に対して攘夷催促する勅使の江戸東下に、副使姉小路公知の雑掌となり、柳川左門という変名で江戸に随行した。文久3年(1863年)1月、白札から上士格留守居組に出世。さらに3月には京都留守居加役となる。だがこれは過激な土佐勤王党を懐柔するための山内容堂の策謀であったとも考えられる。

文久3年8月18日(1863年9月30日)に会津藩と薩摩藩が結託したクーデターである八月十八日の政変で長州藩が中央政界で失脚すると同時に、事態は一転し、勤王派は急速に衰退し、代わって公武合体派が主導権を握る。土佐藩においても、公武合体派の前藩主で老公と呼ばれた山内容堂の影響力が再び増すこととなる。瑞山は同年4月に、薩長和解調停案の決裁を山内容堂に仰ぐために帰国していたが、6月、捕縛されていた側近の平井収二郎、間崎哲馬、弘瀬健太が青蓮院宮の令旨を盾に藩政改革を断行しようとしたことを理由に切腹を命じられ、自身も政変後まもない9月に逮捕、投獄。他の勤王党同志も次々と捕縛される。一年半の獄中闘争のなか、まだ捕まっていない同志を思い、吉田東洋暗殺も否定し続けたという。

だが、後に捕縛された岡田以蔵の自白により瑞山の罪状はおおむね決定したが、それでも東洋暗殺を否定し、老公・容堂に慶応元年閏5月11日(1865年7月3日)、「君主に対する不敬行為」という罪目で切腹を命ぜられる。享年36。未だ誰も為し得なかった三文字の切腹を成し遂げて、武士の気概を見せたと伝わる。武市家の家禄は召し上げとなった。

辞世の歌は、

ふたゝひと 返らぬ歳を はかなくも 今は惜しまぬ 身となりにけり
維新後、山内容堂は武市を殺してしまったことを何度も悔いていたという。ある時などは、酔いつぶれて「半平太ゆるせ、半平太ゆるせ」とうわ言を言っていたとも伝えられる。

言説さわやかで人格も高潔にして誠実、武士道仁義を重んじていた。 見た目は色白・美形・堂々たる体格(180cm前後)であったと伝えられ、行友李風の戯曲『月形半平太』の題名役(主人公)のモデルともなった。ただし劇中の半平太は女性を魅了する色男として描かれているが、瑞山は1歳年下の妻、富子とは睦まじい暮らしぶりであったとされる。

そんな武市の人格から、実際にこんな逸話が語り継がれているらしい。

武市が江戸剣術修行で鏡心明智流の桃井道場へ通っていた頃に塾生の中に女や酒に走ってしまう者がいた。武市は道場主の桃井に訴えて自ら模範を示し、至誠を持って塾生らを説いて回った。その結果、乱れた風紀は正され、塾生達の技量も上達し、桃井は武市を高く評価しその尽力に感謝したといわれている。

また別の逸話であるが、武市夫妻に子が授からないことを心配した吉村が、富子に七去を説いて実家へ帰らせ、その留守に若い娘を女中として送り込んだが、武市は次々と送り込まれた娘たちに手をつけず、吉村の計略に気づいて、吉村を叱りつけたという。

また、山内容堂が土佐勤王党の弾圧への動きを見せ始めていた時、武市は薩長和解調停案に関連して帰国をすることとなった。彼の身を案じた盟友の久坂玄瑞はしきりに長州への亡命を勧めたと言われるが、武市はその厚意に感謝の意を述べつつも君臣の義理などを理由にこれを断ったと言う。藩に対する忠誠心は皮肉なことに自らの死を速める結果にもなってしまった。

剣の腕も一流で教養もあり、指導者としての資質を十二分に持ち合わせていた。芸術方面では南画の腕もあり、獄中自画像や美人画など多くの優れた作品を残している。

武市が投獄されて死ぬまでの1年9ヶ月、富子は毎日3食を欠かさず牢に差し入れ、また夫を慰めるため書籍や自作の押絵なども共に差し入れていたという。瑞山の切腹の際に身につけたのも、富子が縫いあげて届けた死装束であった。富子は大正6年(1917年)まで存命し、墓所は高知県高知市で武市の傍にある。また、全国で唯一、銅像の創り直しが行われた人物でもある。

武市の人格を評するには「一枝の寒梅が春に先駆けて咲き香る趣があった」や「人望は西郷、政治は大久保、木戸(桂)に匹敵する人材」といった言葉が残されている事からも、高潔な人物であったことがうかがえる。

一方で、身分が低く粗野な岡田以蔵をひそかに軽蔑していたともいわれ、そうした内容の手紙を、実弟や実家に対して書き送っている。

維新後、木戸孝允は旧土佐藩主山内容堂との酒の席で酔い「殿はなぜ武市を斬りました?」と容堂をなじったが、容堂は「藩令に従ったまでだ」と答えたきりだったといわれる。

養子息子の名前は半太。医者となり、梼原村で開業した

武市瑞山 - Wikipedia

. 幕末維新新選組 武市半平太
3. 武市半平太ー武市家の歴史
4. 武市半平太 切腹
5. 至誠の人:武市半平太

★★★


乙女役寺島しのぶさん★スタジオパークからこんにちは
龍馬伝:視聴率23% 「天地人」下回る
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

後藤象二郎(青木崇高)

後藤象二郎青木崇高):吉田東洋(田中泯)の甥
土佐勤王党を激しく弾圧。龍馬福山雅治)もその一味とみなして命を狙うが亀山社中の活動に感心し、。龍馬福山雅治)と手を結んで海援隊を結成する

NHK大河ドラマ『龍馬伝』第10回「引き裂かれた愛」(3/6
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第11回「土佐沸騰」(3/14)その2

後藤象二郎(ごとう しょうじろう、天保9年3月19日(1838年4月13日)- 明治30年(1897年)8月4日)は、日本の武士・土佐藩士、政治家。伯爵。諱は正本(まさもと)、のち元曄(もとはる)。幼名を保弥太、良輔。象二郎は通称。雅号は暢谷、不倒翁など

生い立ち [編集]
土佐藩の馬廻格・後藤助右衛門正晴(150石)の長男として高知城下片町に生まれる。少年期に叔父吉田東洋の少林塾にて学ぶ。安政5年(1858年)、吉田の推挙により幡多郡奉行、文久元年(1861年)には御近習目付、その後は普請奉行として活躍するが、翌年に吉田が暗殺されるや失脚。文久3年(1863年)に藩政に復帰し、前藩主山内容堂の信頼を得るとともに、江戸の開成所にて蘭学や航海術、英学も学ぶ。元治元年(1864年)、大監察に就任。後藤は公武合体派の急先鋒として、武市瑞山らを切腹させるなど土佐勤王党を弾圧する。

慶応3年(1867年)、政治姿勢を攘夷論に転換。尊皇派の坂本龍馬と会談し、坂本の提案とされる船中八策に基づき、将軍・徳川慶喜の大政奉還を提議。在京幹部の同意を得た後に、薩摩藩の賛同も得て薩土盟約の締結につながる。しかし帰国して報告すると、容堂は武力発動の可能性を持つ盟約に難色を示し、また長崎で起きたイギリス人殺害事件で海援隊士に容疑がかかったイカルス号事件の処理で土佐に乗り込んできた英国公使パークスとの交渉を命じられるなど時間を消耗したため、倒幕路線を歩む薩摩との思惑のずれから盟約は解消された。薩摩との提携解消後も大政奉還への努力を続け、10月3日に容堂とともに連署して大政奉還建白書を提出。10月14日に慶喜がこれを受けて大政奉還を行った。これらの功によって中老、執政として550石に加増され、役料を合わせて計1500石に栄進する。慶応4年(1868年)、パークス襲撃事件鎮圧の功により、中井弘と共に英国ビクトリア女王から名誉の宝剣を贈られている。維新の功により賞典禄1000石を賜る。

明治時代 [編集]
新政府では参与、左院議長、参議などの要職に就くが、明治6年(1873年)の征韓論争に敗れ、板垣退助・西郷隆盛らと共に下野する。板垣・江藤新平・副島種臣らと共に愛国公党を結成し、民選議院設立を建白する。

明治7年(1874年)、長崎県の高島炭鉱を政府から約55万円で払い下げを受けられて蓬莱社を設立する。しかし、2年後に放漫経営のため破綻し、三菱の岩崎弥太郎に売却している。

明治14年(1881年)、板垣を中心として自由党を結成し、後に大同団結運動を推進するが、のちに政府への協力に転じる。明治20年(1887年)5月、伯爵を授けられる。黒田内閣や第1次松方内閣で逓信大臣、第2次伊藤内閣で農商務大臣などを歴任。進歩党結成にも尽力している。

評価 [編集]
後藤が著名である理由として、幕末期に土佐藩や国政に関わった功績が挙げられる。公武合体から非佐幕へと政治姿勢を転換させた背景として、時流が薩長同盟によって倒幕へ傾斜したことに対する土佐藩の焦りが挙げられる。後藤は坂本の大政奉還策を容堂に進言し、同策を藩論として大政奉還の実現に寄与した。しかし、同策が坂本の発案である旨を述べなかった事から、後藤が坂本の功績を横取りしたという汚名も蒙っている。しかしながら、坂本や容堂、慶喜とのパイプ役を担って、明治維新への原動力となった点を考慮すれば十分な評価に値する。

維新後は政府の要職を歴任したほか、自由民権運動や実業界への転身に見られるように活動に一貫性がなく、また「坂本龍馬」という英雄の影に隠れてしまっている事もあって、維新の元勲の中では知名度も低く評価も高くはない。特に、自由民権運動では政府の買収に応じるなど、同活動家を幾度も失望させている。このことも後藤の評価を下げている一因である。

また、武市を処刑に追い込んだ張本人であるため、一部では「将来の総理大臣を殺した」者として非難されている[要出典]。

エピソード [編集]
日本人ではじめてルイ・ヴィトンの製品を愛用した事でも知られている。彼はパリの本店で鞄を購入した。
板垣退助とは幼馴染であり、吉田東洋の塾で共に学んでいる。
龍馬が提案したと言われている船中八策に基づき、容堂に大政奉還を進言する。この進言後、脱藩罪に問われていた龍馬が特赦されたのは後藤の働きによるとされる。
神奈川県大磯町に別荘を所有している。また、平塚市袖ヶ浜にも別荘(二扇庵)を所有した

家族 [編集]
嫡男猛太郎は、日本活動フィルム会社(日活の前身)初代社長をつとめた。猛太郎と新潟の芸妓の嗣子が保弥太である。その長男省三は襲爵手続きをしなかったため、後藤家は爵位を喪失した。
三菱財閥の総帥・岩崎弥之助と医師・長與稱吉は象二郎の娘婿であり、三菱の岩崎小弥太と旭硝子の創業者・岩崎俊弥、鉄道ファンのパイオニア・岩崎輝弥は象二郎の孫にあたる。音楽プロデューサー・川添象郎とドイツ語学者・岩崎英二郎、評論家・犬養道子及びジャーナリストで共同通信社の社長を務めた犬養康彦は象二郎の曾孫

後藤象二郎 - Wikipedia

幕末維新新選組 後藤象二郎
. 後藤象二郎 年表 baku 幕末年表 matu
. 幕末写真館
. 後藤象二郎 とは - 近代日本人の肖像 Weblio辞書

2. 幕末維新新選組 後藤象二郎
3. 後藤象二郎 | 近代日本人の肖像
4. 土佐の人物伝 ~後藤象二郎~
5. 後藤象二郎 年表 baku 幕末年表 matu
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

山本琢磨

NHK大河ドラマ『龍馬伝』第9回「命の値段」(2/28)

山本琢磨(橋本一郎)

沢辺琢磨
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

沢辺琢磨沢辺 琢磨(さわべ たくま、天保5年1月5日(1834年2月13日) - 大正2年(1913年)6月25日)は日本ハリストス正教会初の正教徒(ハリスチャニン=クリスチャン)にして最初の日本人司祭である。聖名(洗礼名)はパウェル(パウロ)。沢辺姓を名乗る前は山本琢磨

出生から函館まで [編集]
天保6年(1835年)、土佐国土佐郡潮江村(現在の高知市)に土佐藩の郷士である山本代七の長男として生まれる。幼名数馬。代七の弟・八平は同じ土佐郷士の坂本家に婿養子として入り坂本直足と改名、次男に坂本龍馬をもうけており龍馬とは血縁及び実質上の従兄弟同士である。また琢磨の母は武市瑞山(半平太)の妻である富子の叔母であった。

武術に優れ江戸に出て三大道場の一つといわれた鏡心明智流の桃井道場でその腕を一層磨き、師範代を務めるまでになる。ところがある晩、酒を飲んでの帰り道に拾った金時計を酔った勢いで一緒にいた友人と共謀し時計屋に売ってしまい直ちにそれが不法なものであることが発覚して窮地に追い込まれる。訴追を逃れるために龍馬や半平太の助けを得て江戸を脱出。東北各地を流れ回った末、新潟にたどり着いたところで出会った前島密に箱館(現・函館市)に行くことを勧められ渡道し函館に落ち着く。

函館・正教の洗礼 [編集]
函館では持ち前の剣術の腕が功をなし、それがきっかけとなって道場を開くと町の名士たちとも親交を持つようになる。そんな中で知り合った箱館神明宮(現・山上大神宮)宮司の沢辺悌之助に請われて娘の婿養子となり、以後、沢辺姓を名乗る。函館時代の琢磨について、新島七五三太(新島襄)が米国へ密航するときの手助けをしたというエピソードが伝わっている。

当時、既に開港していた函館にはロシア帝国の領事館があり附属聖堂の管轄司祭として来日していたロシア正教会のニコライ神父(イワン・ドミートリエヴィチ・カサートキン、後の亜使徒聖ニコライ大主教)は日本宣教の機会を窺いつつ日本の古典文学や歴史を研究していた。領事館員の中に子弟に日本の武術を学ばせたいという者がいてその指南役となり領事館に出入りするようになった琢磨もニコライを知ることとなったが、攘夷論者だった琢磨はニコライの日本研究に対して日本侵略に向けた情報収集との疑念を抱きニコライをロシアから遣わされた密偵だと思うようになった。そして殺害をも辞さぬ覚悟でもって大刀を腰に帯びニコライを訪問、来日や日本研究の意図を詰問した。対するニコライは琢磨の問いに理路整然と答えるとともに、琢磨に対してハリストス正教の教えを知っているかと質問した。知らぬと答えた琢磨に「ハリストス正教が如何なるものかを知ってから正邪を判断するのでも遅くはなかろう」と諭した。確かにそれも一理あると考えた琢磨は以後ニコライの下へ日参して教えを学んでいくうちに心服し、後に友人の医師酒井篤礼らをも誘って教理を学んだ。そして、ついにはまだキリスト教禁制下の慶応4年4月2日(1868年4月24日)、酒井や浦野太蔵とともに秘密裡にニコライより聖洗機密(洗礼)を受け日本ハリストス正教会の初穂(最初の信者)となった。聖名(洗礼名)は初代教会時代にキリスト教を迫害中、劇的な回心を経験して伝道者となりキリスト教の世界宗教化への道を開いた後に致命した聖使徒パウェル(パウロ)を与えられた。

受洗後も琢磨はしばらくの間、神明社宮司の座に留まっていた。祭祀の時には祝詞を漢語訳聖書の聖句に置き換えてカムフラージュをしたりもしていたが、やがてハリストス正教に改宗したことを公言し神明社を去る。禁教下において神道の祭司職が邪教へ改宗したということもあって、琢磨一家に対する迫害は非常に厳しく生活は困窮を極めた。さらには精神的に参ってしまった妻が自宅に放火をするという事件も起きた。その後、琢磨は妻子を残して函館を一時脱出し布教しながら東北地方を南下するが途中で捕縛・投獄され、後に釈放されて函館に戻った。以後の伝道中、仙台にて再び捕縛されるが明治政府によって禁教が解かれると自由の身となり以前にも増して伝道に力を入れた。

司祭として [編集]
やがて教勢が伸び、日本人神品(聖職者)の必要性が高まってくる。ニコライは明治8年(1875年)7月に東京で第1回の公会議を招集し、その中で司祭の選立が討議された。出席議員による選挙で琢磨と酒井、他2名が選ばれたが酒井ら3名は推薦を固辞した。話し合いの結果、琢磨を司祭候補に、酒井を輔祭候補とすることに決定した。そして、同年の末に函館の聖堂にてこの日のために来日した東シベリアのパウェル主教の按手によって琢磨は日本人初の司祭に叙聖された(酒井も輔祭に叙聖された)。わざわざカムチャツカからパウェル主教を招請したのは、当時ニコライはまだ掌院(司祭の位の一つ)であって、主教ではなく、神品機密執行の権能がなかったためである。

はれて司祭となった琢磨は任地や各地の教会で聖体礼儀を司祷し、また洗礼機密を授けて多くのハリスチャニンを育てた。後に長司祭(ロシア正教会の正式な位階である長司祭(archpriest)とは異なり、主教区内において主教の権限で授与される称号。今日では「管長」という訳語があてられている)に昇叙された。

東京復活大聖堂(通称:ニコライ堂)建設に当たっては師のニコライと対立したこともあったが、一貫して神に奉献する道を歩み、福音宣教に生涯を捧げた。ニコライ堂建設にあたってニコライと対立したのは、ニコライ堂を建設する資金を困窮する神品・伝教者の生活費に回すべきだとしたためであった[1]。

明治45年(1912年)にニコライ大主教が永眠すると琢磨は師の後を追うように翌大正2年(1913年)6月25日、東京にあった四谷洗礼教会にて長男で司祭のアレキセイ・沢辺悌太郎神父に看取られながら永眠。78歳。葬儀はニコライ堂にてセルギイ(チホミーロフ)府主教司祷で盛大に挙行。青山霊園に埋葬される。

沢辺琢磨 - Wikipedia

NHK大河ドラマ『龍馬伝』第9回「命の値段」(2/28)
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

吉田松陰(生瀬勝久)

龍馬だけじゃない!“明治維新の先駆者”吉田松陰の生き様に注目

★★★

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

龍馬伝』NHK・午後8時・第6話「松陰はどこだ」2/7

吉田松陰生瀬勝久):長州が産んだ早熟の天才。私塾「松下村塾」を開き、桂小五郎や高杉晋作ら多くの傑物を育て上げる。

ペリー来航の際、黒船で密航しようとして失敗。坂本龍馬福山雅治)は「思い立ったら行動せよ」の精神を学び取る

. 吉田松陰 - Wikipedia

2. 吉田松陰.com(幕末の私塾・松下村塾について)
3. 幕末歴史探訪 吉田松陰
4. 松陰神社/吉田松陰先生を祀る東京都世田谷区の神社。 http://www.shoinjinja.org/
5. 吉田松陰 よしだ・しょういん

NHK大河ドラマ『龍馬伝』第5回「黒船と剣24.4%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第4回「江戸の鬼小町」23.4%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第3話「偽手形の旅」(1/17)22.6%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第2話「大器晩成」(1/10)21.0%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』(1/3)視聴率23.2%

NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物

★★★

龍馬伝

NHK大河 2年連続で同じ事務所のタレントが主演に決まった事情
グループの始祖岩崎弥太郎が「汚すぎる」NHK大河ドラマ「龍馬伝」に「三菱」がブーイング

上野樹里は宮崎あおいを越えられるか?

上野樹里大河主演に期待の声
福山雅治の“同僚”上野樹里が大河ドラマ主演上野樹里、11年大河「江〜姫たちの戦国〜」主演に抜てき!


龍馬伝

1. 大河ドラマ「龍馬伝」
2. 龍馬伝 - Wikipedia
3. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
4. 大河ドラマ「龍馬伝」
5. 龍馬伝 - Yahoo!ニュース

★★★

生瀬勝久
(なませ かつひさ、1960年10月13日 - )は、日本の俳優。兵庫県西宮市塩瀬町生まれ。兵庫県立宝塚高等学校、同志社大学文学部社会学科産業関係学専攻卒業。所属事務所はキューブ。血液型はO型。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り。妻はモデルの堀本陽子。母は日本社会党の元西宮市議会議員生瀬悦子

個性的な演技で、映画、テレビ、ラジオ、舞台で幅広く活動。脇役が多い。また、独特のキャラクターを生かしてバラエティ番組にも活躍の幅を広げる。フリートークも積極的である。また、『トリック』、『ごくせん』、『功名が辻』など、仲間由紀恵との共演が多い(いずれも仲間が主演で、生瀬がそれに絡むレギュラーキャラを演じている)[1]。

TPOに応じ、共通語と関西弁を臨機応変に使い分けている。バラエティでは、共演者や番組の内容によって、標準語で話すときと関西弁で話すときが違ってくる。ドラマでは、関西を舞台にしている作品に出演したり、関西出身の人物を演じることがよくあり、その際は関西弁で演じている

学生時代は、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の名で「喜劇研究会」「第三劇場」そして京大系の劇団「そとばこまち」で辰巳琢郎・川下大洋らとともに活動、「第三劇場」ではマキノノゾミと交流があり、「そとばこまち」では座長もつとめた。当時、ゼミの指導教授であった石田光男(現在、同志社大学社会学部長)から「君は俳優に向いていないよ」と言われるが、後に石田は「先見の明」がなかったことを反省したという。

1988年から1年間にわたって放送された、讀賣テレビ放送の深夜のコント番組『週刊テレビ広辞苑』で漫画家のひさうちみちおらとともにレギュラー出演して人気を呼ぶ。また、1988年3月5日の『探偵ナイトスクープ!』第1回放送(「カーネル・サンダースを救出せよ!」)では、探偵役を務めた。以後も1989年の『現代用語の基礎体力』、1990年の『ムイミダス』、『未確認飛行ぶっとい』、など同じく読売テレビの深夜番組に続けて出演し、「劇団☆新感線」の古田新太や羽野晶紀、「賣名行為」の立原啓裕、升毅、牧野エミらとともに関西学生演劇ブームを起こす一端となる。2008年3月8日・15日の2週に渡って20年前の製作スタッフ、キャストが再集結し『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が讀賣テレビ放送にて放映された。

1988年、NHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』への出演を機に現在の名前へと変更する

生瀬勝久 - Wikipedia

★★★

度破局も…嵐・相葉&水川あさみ“復活愛”

朝青龍が引退!!! 最後に男気みせた…貴乃花ニヤッ
<朝青龍関>引退…暴行問題けじめ「自分にとっての運命」
朝青龍、涙の引退会見「相撲に対する悔いはない」

女性が憧れを抱く男性は40代が圧倒的!魅力的な40代男性1位は佐藤浩市、魅力的な仕草1位はネクタイを緩める

水嶋ヒロ、妻・絢香との夫婦水入らずを報告「最近まで新婚旅行をしておりました
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

岩崎弥太郎

龍馬伝にも登場、弥太郎・母「へそくりつぼ」発見
グループの始祖岩崎弥太郎が「汚すぎる」NHK大河ドラマ「龍馬伝」に「三菱」がブーイング

この人物のオモテとウラ 香川照之(俳優)

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

岩崎弥太郎香川照之):土佐藩・下士。最も低い身分から身を立て、大商社を一代で築いた。坂本龍馬福山雅治)に憧れとライバル意識を抱く。

香川照之「(汚くて)NHKの食堂に入れるのか心配」

教育熱心な母親のもとで勉学に励むようになる

「我、志を得ずんば、ふたたびこの山に登らず」・・江戸へ旅立つ前の強い決意

岩崎彌太郎

安芸市岩崎彌太郎像岩崎 弥太郎(いわさき やたろう、1835年1月9日(天保5年12月11日) - 1885年2月7日)は日本の実業家で、三菱財閥の創業者。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。

土佐国(現在の高知県安芸市)の地下浪人・岩崎彌次郎(やじろう、1808年-1873年)とその妻・美和の長男として生まれた。地下浪人とは郷士の株を売って居ついた浪人のことである。曽祖父弥次右衛門の代に郷士の株を売ったといわれている。幼い頃から文才を発揮し、14歳頃には当時の藩主山内豊熈にも漢詩を披露し才を認められる。21歳の時、江戸へ遊学し安積艮斎の塾に入塾する。1856年父親が酒席での喧嘩により投獄された事を知り帰国。父親の免罪を訴えたことにより弥太郎も投獄され、村を追放される。その後、当時蟄居中であった吉田東洋が開いていた少林塾に入塾し、この時期後藤象二郎らの知遇を得る。

東洋が参政となると、これに仕え、藩吏の一員として長崎に派遣されるが、公金で遊蕩したことから半年後に帰国させられる。この頃、27歳で結婚した。 土佐勤王党の監視や脱藩士の探索などにも従事していた弥太郎は、吉田東洋が暗殺されると、その犯人の探索を命じられ、同僚の井上佐一郎と共に、藩主の江戸参勤に同行する形で大坂へ赴く。しかし、大坂で単独行動する際に必要な届出に不備があった事をとがめられ帰国。この直後、大坂に残っていた井上は岡田以蔵らによって暗殺され、弥太郎は一命を取り留めた形になったため、実は尊王攘夷派が勢いを増す京坂の情勢から捕縛の困難を悟り、任務を放棄し無断で帰国したともいわれる。帰国後、弥太郎は長崎での藩費浪費の責任なども問われ、職を辞した。

慶応3年(1867年)、後藤象二郎により藩の商務組織・土佐商会主任、長崎留守居役に抜擢され、藩の貿易に従事する。坂本龍馬が脱藩の罪を許され海援隊が土佐藩の外郭機関となると、藩命により隊の経理を担当した。弥太郎と龍馬は不仲であったともいわれるが、弥太郎の日記には、龍馬と酒を酌み交わすなど親交があった様子が記されている。

明治元年(1868年)、長崎の土佐商会が閉鎖されると、開成館大阪出張所(大阪商会)に移る。翌年10月、大阪商会は九十九(つくも)商会と改称、弥太郎は海運業に従事する。廃藩置県後の明治6年(1873年)に後藤象二郎の肝煎りで土佐藩の負債を肩代わりする条件で船2隻を入手し海運業を始め、現在の大阪市西区堀江の土佐藩蔵屋敷(土佐稲荷神社付近)に九十九商会を改称した「三菱商会(後の郵便汽船三菱会社)」を設立。三菱商会は弥太郎が経営する個人企業となる。この時、土佐藩主山内家の三葉柏紋と岩崎家の三階菱紋の家紋を合わせて三菱のマークを作ったということはつとに有名である。

最初に弥太郎が巨利を得るのは、維新政府が樹立され全国統一貨幣制度に乗り出した時のことで、各藩が発行していた藩札を新政府が買い上げることを事前にキャッチした弥太郎は、十万両の資金を都合して藩札を大量に買占め、それを新政府に買い取らせて莫大な利益を得る。この情報を流したのは新政府の高官となっていた後藤象二郎であり、今でいうインサイダー取引である。弥太郎は最初から政商として暗躍した。

弥太郎の三菱商会は、1874年(明治7年)の台湾出兵に際して軍事輸送を引き受け、政府の信任を得る。1877年(明治10年)の西南戦争でも、輸送業務を独占して大きな利益を上げた。政府の仕事を受注することで大きく発展を遂げた弥太郎は「国あっての三菱」という表現をよく使った。 しかし、政商として膨張する三菱に対して世論の批判が持ち上がる。農商務卿西郷従道が「三菱の暴富は国賊なり」と非難すると、弥太郎は「三菱が国賊だと言うならば三菱の船を全て焼き払ってもよいが、それでも政府は大丈夫なのか」と反論し、国への貢献の大きさをアピールした。

1878年(明治11年)、大久保利通が暗殺され(紀尾井坂の変)、1881年(明治14年)には大隈重信が失脚し、弥太郎は強力な後援者を失う。1882年7月、三井財閥などの反三菱財閥勢力が投資しあい共同運輸会社を設立して海運業を独占していた三菱に対抗した。三菱と共同運輸との海運業をめぐる戦いは2年間も続き、運賃が競争開始以前の10分の1にまで引き下げられるというすさまじさだった。 こうしたライバルとの競争の最中、1885年(明治18年)2月7日、弥太郎は51歳で病死した。

弥太郎の死後、三菱商会は政府の後援で熾烈なダンピングを繰り広げた共同運輸会社と合併して日本郵船となった。このような経緯から日本郵船は三菱財閥の源流と言われている。なお弥太郎の娘婿から加藤高明及び幣原喜重郎の2人の内閣総理大臣を輩出している。単に財閥家族と血縁関係にあったり財閥の娘婿というだけの首相は他にもいるが、財閥創業者の娘婿が2人も首相になった例は他の財閥にはなく、三菱と国家の密接な関係を証明しているといえる。三菱商船学校(のちに官立の東京商船学校を経て現国立東京海洋大学海洋工学部)創設者である。

岩崎弥太郎とその弟・岩崎弥之助(三菱の2代目総帥)から始まる岩崎家は経済界の代表的な名門家系として知られている。三菱の3代目総帥・岩崎久弥は弥太郎の長男であり、4代目総帥の岩崎小弥太は弥之助の長男、すなわち弥太郎の甥にあたる。また弥太郎の孫には入江相政(侍従長、エッセイスト)の妻・君子やエリザベス・サンダースホームの創設者・沢田美喜、経済評論家の木内信胤らがおり、曾孫には鎮西清高(古生物学者、京都大学名誉教授)の妻・由利子やその兄で鎮西と同じく古生物学者の岩崎泰頴(熊本大学名誉教授)、泰頴・由利子兄妹の又従兄で東山農事(小岩井農牧の親会社)の社長を務めた岩崎寛弥(岩崎弥太郎家の4代目当主)らがいる。家紋は重ね三階菱。

なお弥太郎の死後、嫡男の久弥が父の業績に対し男爵を授けられた。岩崎家の2つの本家は華族だが、弥太郎の存命中は岩崎家は華族に列していなかった。

岩崎弥太郎 - Wikipedia

岩崎弥太郎の才能が開花した幼少時代

土佐の人物伝 ~岩崎弥太郎~
vol.01 土佐の岩崎家 - 岩崎彌太郎物語 - 三菱人物伝 - 三菱 ...

岩崎弥太郎

土佐の人物伝 ~岩崎弥太郎~
3. 岩崎弥太郎氏の略歴と参考文献- <日本成功研究所>
4. vol.01 土佐の岩崎家 - 岩崎彌太郎物語 - 三菱人物伝 - 三菱 ...
5. 岩崎家 - Wikipedia

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

NHK大河ドラマ『龍馬伝』(1/3)視聴率23.2%

★★★


NHKにやられっぱなしの民放は出色のデキ「龍馬伝」をマネしたら
“福山龍馬”に反響の声、『龍馬伝』プロデューサーも「狙い通り」と自信
龍馬伝:視聴率23% 「天地人」下回る
「龍馬伝」福山雅治は「JIN」の内野聖陽を超えることができるか

★★★

亀山社中(かめやましゃちゅう)

龍馬伝

. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
. 竜馬
. 龍馬写真館 写真で綴る坂本龍馬の世界
. 高知県立坂本龍馬記念館公式サイト

1. 大河ドラマ「龍馬伝」
2. 龍馬伝 - Wikipedia
3. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
4. 大河ドラマ「龍馬伝」
5. 龍馬伝 - Yahoo!ニュース

龍馬伝

大河ドラマ『龍馬伝』新キャストにリリー・フランキー、谷原章介、生瀬勝久ら

「龍馬伝」福山雅治は「JIN」の内野聖陽を超えることができるか
福山雅治が叩かれない理由 大きく分けて二つ

『龍馬伝』新キャスト発表 第4のヒロインに大河初出演の蒼井優

posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

龍馬伝★山内容堂(やまうちようどう:近藤正臣

龍馬伝にも登場、弥太郎・母「へそくりつぼ」発見
『龍馬伝』新キャスト発表! トータス松本がジョン万次郎役でNHKドラマ初出演

★★★

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

龍馬伝』NHK・午後8時・NHK大河ドラマ『龍馬伝』第6回「松陰を捜せ」(2/7)21.2%

山内容堂(やまうちようどう山内豊信 → 山内容堂):近藤正臣 土佐藩主。山内 容堂 / 豊信(やまうち ようどう / とよしげ)、文政10年10月9日(1827年11月27日) - 明治5年6月21日(1872年7月26日)は、日本の武士・外様大名・土佐藩15代藩主(在任期間:嘉永元年12月27日(1849年1月21日) - 安政6年(1859年)2月)。官位は、従四位下・土佐守・侍従、のちに従二位・権中納言まで昇進している。諱は豊信。容堂は隠居してからの号。

土佐藩連枝の山内南家当主・山内豊著(12代藩主・山内豊資の弟)の長男。母は側室・平石氏。正室は烏丸光政の娘正子(三条実万の養女)。子は山内豊尹(長男)、光子(北白川宮能久親王妃)、八重子(小松宮依仁親王妃のち秋元興朝継室)。幼名は輝衛。酒と詩を愛し、自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した。藩政改革を断行し、幕末の四賢侯の一人として評価される一方で、当時の志士達からは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を、「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された。

藩主の座に就いた豊信は門閥・旧臣による藩政を嫌い、革新派グループ「新おこぜ組」の中心人物・吉田東洋を起用した。嘉永6年(1853年)東洋を新たに設けた「仕置役(参政職)」に任じ、家老を押しのけて藩政改革を断行した。翌、安政元年(1854年)6月、東洋は山内家姻戚に当たる旗本・松下嘉兵衛との間にいさかいをおこし失脚、謹慎の身となった。しかし3年後の安政4年(1857年)東洋を再び起用し、東洋は後に藩の参政となる後藤象二郎、福岡孝悌らを起用した。

豊信は福井藩主・松平春嶽、宇和島藩主・伊達宗城、薩摩藩主・島津斉彬とも交流を持ち幕末の四賢侯と称された。彼らは幕政にも積極的に口を挟み、老中・阿部正弘に幕政改革を訴えた。阿部正弘死去後、大老に就いた井伊直弼と将軍世継問題で真っ向から対立した。13代将軍・家定が病弱で嗣子が無かったため、容堂ほか四賢侯、水戸藩主・徳川斉昭らは次期将軍に一橋慶喜を推していた。一方、井伊は紀州藩主・徳川慶福を推した。井伊は大老の地位を利用し政敵を排除した。いわゆる安政の大獄である。結局、慶福が14代将軍・家茂となることに決まった。容堂はこれに憤慨し、安政6年(1859年)2月、隠居願いを幕府に提出した。この年の10月には斉昭・春嶽・宗城らと共に幕府より謹慎の命が下った。

前藩主の弟・豊範に藩主の座を譲り、隠居の身となった当初、忍堂と号したが、水戸藩の藤田東湖の薦めで容堂と改めた。容堂は、思想が四賢侯に共通する公武合体派であり、単純ではなかった。藩内の勤皇志士を弾圧する一方、朝廷にも奉仕し、また幕府にも良かれという行動を取った。このため幕末の政局に混乱をもたらし、のち政敵となる西郷隆盛から「単純な佐幕派のほうがはるかに始末がいい」とまで言わしめる結果となった。

謹慎中に土佐藩ではクーデターが起こった。桜田門外の変以降、全国的に尊皇攘夷が主流となった。土佐藩でも武市瑞山を首領とする土佐勤王党が台頭し、容堂の股肱の臣である吉田東洋と対立。遂に文久2年4月8日(1862年5月6日)東洋を暗殺するに至った。その後、瑞山は門閥家老らと結び藩政を掌握した。

東洋暗殺の直前に脱藩していた土佐の志士たち(坂本龍馬・中岡慎太郎・土方久元)の仲介によって、慶応2年(1866年)1月22日、 薩長同盟が成立した。これによって時代が明治維新へと大きく動き出した。

慶応3年(1867年)5月、薩摩藩主導で設置された四侯会議に参加するが、幕府権力の削減を図る薩摩藩の主導を嫌い、欠席を続ける。結局この会議は短期間で崩壊。しかし6月22日には京都において、中岡慎太郎・坂本龍馬の仲介により、薩摩の小松帯刀・大久保利通・西郷隆盛と土佐の後藤象二郎・板垣退助・福岡孝弟・寺村左膳・間部栄三郎が会談し、幕府排除と王政復古のための薩土同盟が成立した。これにより、土佐藩全体が徐々に倒幕路線に近付いていくことになった。

容堂は自身を藩主にまで押し上げてくれた幕府を擁護し続けたが、倒幕へと傾いた時代を止めることは出来なかった。幕府が委託されている政権を朝廷に返還する案および「船中八策」を坂本龍馬より聞いていた時の藩参政・後藤象二郎はこれらを自分の案として容堂に進言した。容堂はこれを妙案と考え、老中板倉勝静らを通して15代将軍・徳川慶喜に建白した。これにより慶応3年10月14日(1867年11月9日)、慶喜は朝廷に大政奉還した。

しかし、その後明治政府樹立までの動きは、終始、薩摩・長州勢に主導権を握られた。同年の12月9日(1868年1月3日)開かれた小御所会議に於いて、薩摩、尾張、越前、芸州の各藩代表が集まり、容堂も泥酔状態ながら遅参して会議に参加した。容堂は、自分自身直接会議に参加して認めていた王政復古の大号令を、それまでの自分の持論であった列侯会議路線すなわち徳川宗家温存路線と根本的に反するが故に、岩倉具視ら一部公卿による陰謀と決め付け、大政奉還の功労者である徳川慶喜がこの会議に呼ばれていないのは不当であるなどと主張した。また、岩倉、大久保が徳川慶喜に対して辞官納地を決定したことについては、薩摩、土佐、尾州、芸州が土地をそのまま保有しておきながら、なぜ徳川宗家に対してだけは土地を返納させねばならないのかなどと徳川宗家擁護を行い、先ほど天皇を中心とする公議政体の政府を会議で決定したことに対して、徳川氏を中心とする列侯会議の政府を要求した。松平慶永は容堂に同調したが、ただでさえ、気に入らないことがあると大声で喚(わめ)き散らす悪弊のある容堂であったが、その上、酒乱状態であり、「2、3の公卿が幼沖の天子を擁し、権威を欲しいままにしようとしている」などと発言してしまった。堪りかねた岩倉から「今日の挙は、すべて宸断(天皇の決断)によって行なわれたものであるぞ」「大失言であるぞ」「天子を捉まえて幼沖とは何事か」「土州、土州、返答せよ」と容堂は面前で大叱責されてしまった[1] [2] [3]。酒乱の上に容堂にまともな返答ができるはずもなかった。以後、会議は、容堂を無視して、天皇を中心とする公議政体派すなわち討幕強行派のペースで進んだ[1] [2]。

容堂は、慶応4年(1868年)1月3日、 旧幕府側の発砲で戊辰戦争が勃発すると、自分が土佐藩兵約百名を上京させたにもかかわらず、土佐藩兵はこれに加わるなと厳命した。しかし、土佐軍指揮官・板垣退助はこれを無視し、自発的に新政府軍に従軍した。江戸攻めへ出発する板垣率いる土佐藩兵には寒いので自愛するよう言葉を与えた。

明治維新後は内国事務総裁に就任したが、かつて家臣や領民であったような身分の者と馴染む事ができず、明治2年(1869年)に辞職。しかし木戸孝允とは仲が良く、自邸に招いては明治政府の将来などについて語り合ったという。本邸は新たに東京箱崎の元田安徳川家別邸を買収して居住した。

隠居生活は当時、別荘地として知られた橋場(東京都台東区)の別邸(綾瀬草堂)で、妾を十数人も囲い、酒と女と作詩に明け暮れる豪奢な晩年を送った。また、連日で両国・柳橋などの酒楼にて豪遊し、ついに家産が傾きかけたものの、容堂は「昔から大名が倒産した例しがない。俺が先鞭をつけてやろう」と豪語し、家令の諌めを聞かなかったという。また、武市瑞山を殺してしまったために土佐藩内に薩長に対抗できる人物を欠いて新政府の実権を奪われたと考え、これを悔やんだともいう。明治5年(1872年)、積年の飲酒が元で脳溢血に倒れ、46歳(数え年)の生涯を閉じた。墓所は土佐藩下屋敷があった大井公園(品川区東大井4丁目)にある。

★★★

NHK大河ドラマ『龍馬伝』第5回「黒船と剣24.4%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第4回「江戸の鬼小町」23.4%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第3話「偽手形の旅」(1/17)22.6%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第2話「大器晩成」(1/10)21.0%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』(1/3)視聴率23.2%

NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物

★★★

龍馬伝

『龍馬伝』効果現れず!! ミュージシャン・福山雅治のセールス伸び悩み

幕末の偉人・吉田松陰を演じた俳優が見せたこだわりとは?
龍馬だけじゃない!“明治維新の先駆者”吉田松陰の生き様に注目

グループの始祖岩崎弥太郎が「汚すぎる」NHK大河ドラマ「龍馬伝」に「三菱」がブーイング


龍馬伝

1. 大河ドラマ「龍馬伝」
2. 龍馬伝 - Wikipedia
3. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
4. 大河ドラマ「龍馬伝」
5. 龍馬伝 - Yahoo!ニュース

★★★

玉置宏さんが脳幹出血で死去 後日「お別れの会」
口コミ効果だ!アバター国内興収100億突破

草なぎ主演5夜連続ドラマ、膨大なセリフに悲鳴
田中麗奈がNHK「トップランナー」で初MC!

【オリコン“本”】生田斗真効果? 『人間失格』が文庫部門初のTOP5入り
映画「人間失格」主演の生田斗真「太宰文学の敷居の高さをゆるめるのが自分の役割」

生田斗真の自信作完成! 室井滋と三田佳子が大胆予告

黒木瞳 また連ドラ主役を張るカラクリ
朝ドラ惨敗女優・多部未華子を待ち受ける、初主演舞台『農業少女』の“アクの強い”共演者たち!
若手AD」表舞台で大活躍 「堀くん」はバラエティ出演
V6解散! 解散で売れるメンバーと売れないメンバー
岸部一徳この人物のオモテとウラ 岸部一徳

恒例「第23回 サラリーマン川柳」100選 〜“事業仕分け”から“こども店長”まで流行語ネタが勢揃い


★★★

posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

『龍馬伝』新キャスト発表! トータス松本がジョン万次郎役でNHKドラマ初出演

『龍馬伝』新キャスト発表! トータス松本がジョン万次郎役でNHKドラマ初出演2月9日5時0分配信 オリコン

ジョン万次郎役を務めるトータス松本

 NHKは9日、大河ドラマ『龍馬伝』の新キャスト9名を発表した。

注目のジョン万次郎役にはNHKドラマ初出演となる歌手・ トータス松本が決定。

「大河ドラマ、ついに来たかーという感じ」と興奮を隠せず、万次郎について「ロマンの塊みたいな人」と期待を込める。また、ドラマオリジナルの登場人物として、岡田以蔵(佐藤健)と恋に落ちるなつ役の女優・臼田あさ美が「今まで味わったことのないような緊張感と不安感」で大河初出演を飾る。

 1月のスタート以来、すっかり定着した“福山龍馬”に同年代の歌手が強力な援軍として加わる。大河に強い興味を抱いていたというトータスが演じるジョン万次郎こと中浜万次郎は、黒船来航の際、漂流をきっかけに米国で10年間過ごすという当時では稀な境遇を生かし、日米和親条約の締結に活躍した人物。龍馬と同じ土佐藩出身でもある万次郎に、トータスは「高知は“熱くて”大好き。性に合います。本当に嬉しい」と“熱い男”同士通じるものがあるようだ。

 一方、京の飯屋に奉公する娘・なつ(臼田)は『龍馬伝』オリジナルの人物。尊王攘夷に燃える土佐勤王党の以蔵と恋仲に発展していくが、以蔵が“人斬り”をしていることを知り思い悩む。初の大河出演で「喜びと感謝でいっぱい」という臼田は、不安をのぞかせながらも「最後まで全身全霊でなつを演じきりたい。精一杯。それだけです」と強い決意で撮影に臨む。

 2人の起用について、鈴木圭チーフプロデューサーは「漁師っぽいガッチリした体型と底抜けの明るいイメージを持っている。河田小龍が描いたカウボーイハットをかぶってアメリカっぽくした絵をじーっと見ていて、トータスさんにイメージがぴったりだなと思いついた。臼田さんも演出家がぜひやりたいということで、イメージ一発って感じ」とオファーをかけたという。

 さらに鈴木氏は「狙ったわけじゃない」と前置きしたうえで「17回放送分で龍馬の福山さんがいて、麟太郎(勝海舟)の武田鉄矢さんがいて、ジョン万次郎のトータスさんがいて…というミュージシャン対決のようになっていて。その3ショットでドラマとは違う意味でも楽しめる。タイプが違うけど、3人の芝居のセッションがどうなっていくかもお楽しみに」と期待感もあおった。

 2人のほか、龍馬の義妹・起美と結ばれ、龍馬の腹心となって活躍する千屋寅之助役で是近敦之がNHKドラマ初出演。やべきょうすけ(久坂玄瑞役)、中村隼人(徳川家茂役)、川岡大次郎(高松太郎役)が大河ドラマ初出演となるほか、夏八木勲(松平春嶽役)、田中哲司(徳川慶喜役)、山崎一(横井小楠役)の出演が決定した。

 風雲児・龍馬の生涯を幕末屈指の経済人である岩崎弥太郎の視線から描くオリジナル作『龍馬伝』は、毎週日曜午後8時より放送中。

『龍馬伝』効果現れず!! ミュージシャン・福山雅治のセールス伸び悩み

幕末の偉人・吉田松陰を演じた俳優が見せたこだわりとは?
龍馬だけじゃない!“明治維新の先駆者”吉田松陰の生き様に注目

★★★

小池栄子とサトエリが独立か
優木まおみ事務所、熱愛否定「ともに誤報」
“半同棲”が…チュート徳井、夏川結衣と破局
キムタクがドラマを選ぶポイント
【ドラマの見どころ!】 重苦しい“トラウマ”医療ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season』
【ドラマの見どころ!】 緊急! NHKはどこまで倉科カナの“巨乳”に頼るのか『ウェルかめ』
<松下奈緒>8時放送は「切りがいい」 向井理とそろって誕生会 朝ドラ「ゲゲゲの女房」会見

同性が思わず見惚れてしまう“憧れの女優”、1位「北川景子」
優木まおみ、しずる村上純との熱愛発覚!
アンタッチャブル・柴田、無期限休養の原因は泥沼化した不倫問題
度破局も…嵐・相葉&水川あさみ“復活愛”

ジャニーズ事務所からお呼びがかかる女優の条件

posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

NHK大河ドラマ『龍馬伝』桂小五郎(谷原章介)

福山雅治、『龍馬伝』で“ヘラクレス”級の上半身ヌード初披露

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

及川奈央「龍馬伝」に抜擢されて“添い寝シーン”演じる

龍馬伝』NHK・午後8時・第4話「江戸の鬼小町1/23

桂小五郎谷原章介):長州藩士。名の通った剣豪で、藩の京都居留守役となり、長州藩の尊王攘夷運動を後押し。薩摩の西郷隆盛大久保利通とともに「維新の三傑」の一人。

桂小五郎木戸孝允(きど たかよし、天保4年6月26日(1833年8月11日) - 明治10年(1877年)5月26日)は、幕末〜明治初期に活躍した日本の武士・政治家。名の孝允は「こういん」と有職読みされることもある。

長州藩士で、いわゆる「長州閥」の巨頭。江戸時代(幕末)には、桂小五郎(かつらこごろう)として知られていた尊王攘夷派の中心人物で、薩摩の西郷隆盛、大久保利通とともに「維新の三傑」として並び称せられる。贈従一位。

吉田松陰の弟子、長州正義派の長州藩士、江戸練兵館塾頭の剣豪、留学希望・開国・破約攘夷の勤皇志士、長州藩の外交担当者、帰藩後は藩庁政務座の最高責任者として活躍する。特に志士時代には、幕府側から常時命を狙われていたにもかかわらず果敢に京都で活動し続けた。

維新後、総裁局顧問専任として迎えられ、当初から「政体書」による「官吏公選」などの諸施策を建言し続けていた。文明開化を推進する一方で、版籍奉還・廃藩置県など封建的諸制度の解体に務め、薩長土肥四巨頭による参議内閣制を整えた。海外視察も行い、帰朝後は、かねてから建言していた憲法や三権分立国家の早急な実施の必要性について政府内の理解を要求し、他方では新たに国民教育や天皇教育の充実に務め、一層の士族授産を推進する。長州藩主毛利敬親、明治天皇から厚く信頼された。妻は、幕末動乱期の命の恩人かつ同志でもある京都の芸妓幾松(木戸松子)。

木戸は開明的であったが、急進派から守旧派までが絶え間なく権力闘争を繰り広げる明治維新政府の中にあっては、心身を害するほど精神的苦悩が絶えなかった。西南戦争の半ば、出張中の京都で病気を発症して重篤となったが、夢うつつの中でも「西郷、いいかげんにせんか!」と西郷隆盛を叱責するほどに明治政府と西郷隆盛軍双方の行く末を案じながら息を引き取った。

木戸孝允 - Wikipedia



NHK大河ドラマ『龍馬伝』第3話「偽手形の旅」(1/17)視聴率22.6%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第2話「大器晩成」(1/10)21.0%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』(1/3)視聴率23.2%

NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物

★★★

龍馬伝

真木よう子 143年ぶり“再会”に立ち会う

この人物のオモテとウラ 香川照之(俳優)

龍馬伝:視聴率23% 「天地人」下回る
大河ドラマ『龍馬伝』新キャストにリリー・フランキー、谷原章介、生瀬勝久ら
「龍馬伝」福山雅治は「JIN」の内野聖陽を超えることができるか
福山雅治が叩かれない理由 大きく分けて二つ
『龍馬伝』新キャスト発表 第4のヒロインに大河初出演の蒼井優

龍馬伝

1. 大河ドラマ「龍馬伝」
2. 龍馬伝 - Wikipedia
3. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
4. 大河ドラマ「龍馬伝」
5. 龍馬伝 - Yahoo!ニュース

★★★

ドラマの見どころ!】 『コード・ブルー』『特上カバチ!!』『ヤマトナデシコ七変化』『左目探偵EYE』続々とスタートしたジャニーズ・ドラマ!

「花田家崩壊」の序章をつくった嫁、ハワイ自適生活を送る花田美恵子さんの本性は!?
小栗旬にすがりつくしかない山田優
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

NHK大河ドラマ『龍馬伝』千葉定吉・佐那・重太郎

福山雅治、『龍馬伝』で“ヘラクレス”級の上半身ヌード初披露

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

★★★

及川奈央「龍馬伝」に抜擢されて“添い寝シーン”演じる

龍馬伝』NHK・午後8時・第4話「江戸の鬼小町1/23

◆千葉道場の道場主・千葉定吉里美浩太郎):北辰一刀流創始者・千葉秀作の弟。剣術修行にきた坂本龍馬福山雅治)を温かく見守る

千葉佐那貫地谷しほり):名門千葉道場の看板娘。剣術に長け、負けん気が強い。剣に真摯な坂本龍馬福山雅治)に惹かれる

千葉重太郎渡辺いっけい):定吉の息子で仕切り役として道場を守る。佐那貫地谷しほり)の坂本龍馬福山雅治)への恋心も応援。

NHK大河ドラマ『龍馬伝』第3話「偽手形の旅」(1/17)視聴率22.6%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』第2話「大器晩成」(1/10)21.0%
NHK大河ドラマ『龍馬伝』(1/3)視聴率23.2%

NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物

★★★

龍馬伝

真木よう子 143年ぶり“再会”に立ち会う

この人物のオモテとウラ 香川照之(俳優)

龍馬伝:視聴率23% 「天地人」下回る
大河ドラマ『龍馬伝』新キャストにリリー・フランキー、谷原章介、生瀬勝久ら
「龍馬伝」福山雅治は「JIN」の内野聖陽を超えることができるか
福山雅治が叩かれない理由 大きく分けて二つ
『龍馬伝』新キャスト発表 第4のヒロインに大河初出演の蒼井優

龍馬伝

1. 大河ドラマ「龍馬伝」
2. 龍馬伝 - Wikipedia
3. NHK「龍馬伝」 | 2010年の大河ドラマは坂本龍馬の生涯を描きます
4. 大河ドラマ「龍馬伝」
5. 龍馬伝 - Yahoo!ニュース

★★★

ドラマの見どころ!】 『コード・ブルー』『特上カバチ!!』『ヤマトナデシコ七変化』『左目探偵EYE』続々とスタートしたジャニーズ・ドラマ!

「花田家崩壊」の序章をつくった嫁、ハワイ自適生活を送る花田美恵子さんの本性は!?
小栗旬にすがりつくしかない山田優
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

岡田以蔵(佐藤健)

NHKにやられっぱなしの民放は出色のデキ「龍馬伝」をマネしたら
“福山龍馬”に反響の声、『龍馬伝』プロデューサーも「狙い通り」と自信

乙女役寺島しのぶさん★スタジオパークからこんにちは
龍馬伝:視聴率23% 「天地人」下回る

友人・岩崎弥太郎の目線から見た坂本龍馬像を描く

2010年1月3日スタート『龍馬伝』NHK・午後8時

脚本:福田靖

岡田以蔵佐藤健):土佐藩・下士。龍馬の幼馴染。武市半平太大森南朋)を慕い、武市道場で犬剣術を学ぶ。後に京都で「人斬り以蔵」と恐れられる

佐藤健(さとうたける、1989年3月21日 - )は、埼玉県さいたま市岩槻区(旧岩槻市)出身の俳優。アミューズ所属。身長170cm、血液型A型

高校2年生のゴールデンウィークに初めて原宿に出かけた時、竹下通りで現在の所属事務所からスカウトを受けた[1]。
2006年、『プリンセス・プリンセスD』の準主役・河野亨役で俳優デビュー。
2007年、『仮面ライダー電王』の主人公・野上良太郎 / 仮面ライダー電王(声)役でテレビドラマ初主演を務める

趣味は猫と遊ぶこと[2]。2匹の猫を飼っており、名前は「こちろー」と「ぷちろー」。2匹は本人のオフィシャルブログで画像とともに紹介されることがある[3]。
特技はルービックキューブとブレイクダンス[2]。ブレイクダンスは自身が主演をつとめた『仮面ライダー電王』で踊っているシーンがある。
2007年11月1日、左自然気胸(肺気胸)のため約10日間の安静と通院を診断され加療。現在は回復している。
2008年、漫画原作のドラマ『ROOKIES』で岡田優也役を演じるにあたり、原作の設定にあわせて髪型をドレッドヘアにした。
仲のよい人物には、同じアミューズに所属し『BLOODY MONDAY』で共演した三浦春馬、『ROOKIES』で共演した城田優、『仮面ライダー電王』などで共演した中村優一らがいる。
中学生の頃から深津絵里のファンである。
好きなアーティストはMr.Children。
小学4年生から6年生までは地元の少年野球チームに、中学生時代は野球部に所属しており、ポジションはセンター・レフトだった

仮面ライダー電王(2007年1月 - 2008年1月、テレビ朝日) - 主演・野上良太郎 / 仮面ライダー電王(声) 役
ROOKIES(2008年4月 - 7月、TBS) - 岡田優也 役
ブラッディ・マンデイ(TBS) - 九条音弥 役Season1(2008年10月 - 12月)
ブラッディ・マンデイ(TBS) - 九条音弥 役Season1(2010年1月)
メイちゃんの執事(2009年1月 - 3月、フジテレビ) - 柴田剣人 役
MR.BRAIN 第4話・第5話(2009年6月13日・20日、TBS) - 中川優 役
MW−ムウー第0章・悪魔のゲーム

佐藤健 (俳優) - Wikipedia

大河ドラマ『龍馬伝』新キャストにリリー・フランキー、谷原章介、生瀬勝久ら

松本潤が「彼氏にしたい俳優」でダントツの1位!血液型別ランキングでも大人気!

佐藤健、インフルエンザでイベント中止

水嶋ヒロがイケメンバンド結成!漫画「BECK」映画化

佐藤健 成人式の心境「大人だと感じる時はくるか」、2007年11月「最弱ライダー」佐藤健、肺気胸で療養11

視聴率好調『MR. BRAIN』第四回ゲストは佐藤健

佐藤健オフィシャルブログ WITH

. 佐藤 健 - アミューズ オフィシャル ウェブサイト
. YouTube - 【佐藤健】
. 佐藤健 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑
posted by NHK大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治) at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』キャスト・登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。